メイン画像

チキンの消費量

チキンの消費量


鶏肉の消費量について

鶏肉の消費量について、いくつかの観点から回答します。

日本における鶏肉の消費量

  • 一人当たりの年間消費量: 2022年では 17.8kg と予測されています。これは10年前と比べて約3kg増加しており、今後も微増傾向が続くと考えられています。https://www.nipponham.co.jp/fun/report/pdf/231229_02.pdf
  • 部位: 人気部位としては、唐揚げ、もも肉、胸肉などが挙げられます。近年は、手羽先や砂肝などの希少部位も人気が高まっています。
  • 調理方法: 調理方法としては、焼く、煮る、揚げるなど様々な方法で消費されています。近年は、電子レンジや圧力鍋などの調理器具の発達により、手軽に鶏肉料理を楽しめるようになっています。
  • 都道府県別消費量: 鶏肉消費量が最も多いのは 山口県 で、1世帯あたり年間19,072gを消費しています。一方、最も少ないのは 群馬県 で、10,743gとなっています。https://47todofuken-ranking.com/toriniku/

世界における鶏肉の消費量

  • 一人当たりの年間消費量: 2021年における世界全体の鶏肉の消費量は 34.9kg と推定されています。国別では、 アメリカ が最も多く、一人当たり 51.6kg を消費しています。https://twitter.com/inadashunsuke/status/1297138386281435136?lang=en
  • 消費量の多い地域: 鶏肉消費量が多い地域は、 北米欧州アジア などです。特に、近年は 中国東南アジア での消費量が急速に増加しています。

鶏肉の消費量増加の要因

  • 安価: 鶏肉は、牛肉や豚肉と比べて安価な食材であることが消費量増加の大きな要因の一つです。
  • 健康志向: 鶏肉は、脂肪が少なくタンパク質が豊富なため、健康志向の高まりとともに消費量が増加しています。
  • 調理の簡便性: 鶏肉は、比較的調理が簡単な食材であるため、忙しい現代人の食生活に合致しています。
  • 多様性の高さ: 鶏肉は、様々な料理に活用できる食材であるため、消費者のニーズに応えやすいという点も魅力です。

鶏肉の消費量に関するその他情報

  • 鶏肉の生産量: 世界全体の鶏肉の生産量は、年々増加しており、2021年には 1億3,680万トン に達しました。
  • 鶏肉の輸出入: 鶏肉の輸出入量は、近年増加傾向にあります。主要な輸出国としては、アメリカ、ブラジル、中国などがあります。
  • 鶏肉の未来展望: 今後も鶏肉の消費量は増加していくと予想されています。特に、中国や東南アジアなどの新興市場での需要増加が期待されています。

鶏肉の消費量について、さらに詳しく知りたい場合は、以下の情報源も参考にしてください。

何か具体的な質問があれば、遠慮なく聞いてください。


アカウントを作成 して、もっと沢山の記事を読みませんか?


この記事が気に入ったら Finance Company さんを応援しませんか?
メッセージを添えてチップを送ることができます。


この記事にコメントをしてみませんか?


Finance Companyでは、様々な企業を解説します。

おすすめの記事