メイン画像

リモートワークを快適に過ごすには?在宅ワーカーが選ぶおすすめインテリア5選

新型コロナウイルスの影響により、リモートワークが増えた昨今。リモートワークは旅行先やカフェなどどこでもできますが、情報漏洩のリスクもあり、在宅勤務の方が多いのではないでしょうか。

そんな在宅勤務で、かなり重要になってくるのが部屋のインテリアです。部屋のインテリアは、部屋の雰囲気を変えて居心地の良さに直結するポイントだからです。

在宅勤務

「今までは自宅と勤務先の往復で自宅にいる時間が短く、インテリアに気を配らなかった……」

そんな方も、在宅勤務が増えたことによって、部屋の殺風景さやごちゃごちゃが気になるようになったという話をよく聞きます。また、ZOOMなどオンライン会議で部屋が映るようになり、部屋の片付き具合やインテリアはどうしても気になるもの。

そこで、部屋を快適に過ごすために効果的な、インテリア5選をご紹介したいと思います。もとからほぼ在宅勤務のみだった筆者が、「これだけは外せない」と感じるものだけを厳選しました。主にデスク周りの居心地をよくするものに絞っておりますので、「誰かに見せるためにではなく、自分のために部屋を変えたい」という方にぴったりです。それでは、どうぞ!

 

在宅ワーカーが選ぶ!おすすめインテリア5選

1.骨盤サポートチェア(骨盤矯正椅子)

エムティージー ボディメイクシート スタイル

骨盤サポートチェアは、正しい姿勢のサポートをしてくれるチェアです。姿勢の悪い筆者が、購入してよかったと強く感じるものです。長時間デスクワークをしていると姿勢が悪くなりがちですが、このチェアに背中を付けておこうと意識するだけで背筋が伸びます。そして、姿勢が良くなることによって肩こりや腰痛解消にもつながります。

デメリットとしては、骨盤サポートチェアが固い、痛いと感じる方もいるといったことでしょうか。私の使用している、MTGのBody Make Seat Styleという骨盤サポートチェアの材質はかなり固めなのでそういった声もあります。そんな方には、クッション素材でできた柔らかめのチェアがおすすめです。ただ、柔らかいと矯正効果は少し落ちるかもしれません。

 

2.ウォールステッカー

ウォールステッカー

シール状になっており、壁に貼ることができるウォールステッカー。これも購入してよかったものです。デスク周りの壁に貼っておくだけで、ぱっと明るい気持ちになります。ウォールステッカーというと子供部屋のイメージが強いかもしれませんが、今では植物のシルエットなど、大人にふさわしい落ち着いたデザインのものも多いです。

また、壁に穴をあけないので賃貸でも安心です。持ち家で画びょう等で穴をあけても大丈夫、という方はポスターや写真、絵画を飾ってもよいと思います。壁にひと工夫するだけで、簡単に部屋の雰囲気をチェンジできますよ。

3.アロマ

アロマ

良い香りが好きな方には、アロマがおすすめ。香りによって気分をリフレッシュしたり、リラックスさせたりすることができます。アロマを使う方法にはいろいろとありますが、アロマディフューザーは卓上に置けて、仕事をしているすぐそばで楽しむことができます

私は「アロマストーン」という石膏でできたストーンに、アロマオイルを垂らして香りを楽しんでいます。アロマストーンはほのかにしか香らないので、強い香りが苦手な方におすすめです。

 

4.加湿器

加湿器

加湿器は乾燥しがちな秋冬には、特に必要不可欠なものです。卓上タイプのもの(ポータブル加湿器)でしたら手軽に加湿できます。加湿することでのどがうるおって免疫力もアップするので、この世の中では必須のインテリアになるかもしれません。

加湿器の機械の手入れが面倒だという方には、ぬれタオルを干しておくという原始的な方法をおすすめします。紙でできた加湿グッズもあるのでチェックしてみてくださいね。

5.花

花

優先度は低いですが、も飾るのもおすすめです。色とりどりの花を見ているだけで、心が和みますよ。生花でなくても、あるのとないのとでは大きな違いがあります。生花は水を変えたりが面倒なのがネックなので、手入れが簡単な多肉植物もおすすめです。

 

インテリアを充実させて快適なリモートワークを

ここまで、デスク周りのおすすめインテリアについてご紹介してきました。インテリアを充実させると、リモートワークのつらさも緩和するはずです。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

 


コメント

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をしてください。

著者

20代女性Webライター。大学在学時よりライターを始め、現在まで専業でライターのお仕事をしています。得意ジャンルは美容、ライフスタイル、ファッションなど。

人気の記事