メイン画像

好きなイラストでiPhone画面をカスタマイズしよう!「Widgetsmith」の使い方

 

好きなイラストでiPhone画面をカスタマイズしよう!「Widgetsmith」の使い方

 

iOS14のウィジェット機能を拡張してくれる「Widgetsmith(ウィジェットスミス)」という有名な無料アプリがあります。

 

これを使うと、好きなイラストや写真でiPhone・iPadの画面をカスタマイズすることができます。

 

自分が描いたイラスト好きなイラストレーターのイラスト推しの写真など、なんでも好きなものでカレンダーや歩数計などを表示することができます。

 

 

こんな感じになります↓

 

イラスト描きにとってはとても楽しい機能です。この記事ではその導入方法をお伝えします。

 

目次

Widgetsmithのダウンロード

Widgetsmith設定方法

フリーのウィジェット用イラスト

 

Widgetsmithのダウンロード

 

iOS14以降追加された「ウィジェット機能」では、OSが選ぶランダムな写真しか表示できません(「For You」フォルダに入っている写真)。

 

そこでWidgetsmithのようなサードパーティのアプリが必要になります。

 

まずは「AppStore」から「Widgetsmith」を検索し、ダウンロードします。

 

 

こちらです。

 

Widgetsmith設定方法

 

まずWidgetsmithを開き「Small #1」を押します

 

 

「Default Widget」を押します

 

 

「Photos」の中の「Photo Day & Date」を選んでみましょう

 

 

下段の「Selected Photo」を押し

 

 

「Choose Photo」を押し、好きな写真を選びます

 

 

次に下段の「Alignment」を押し

 

 

好きな日付の表示位置を選びます。

 

 

そして左上の「Small #1」を押し、右上の「Save」を押します。

 

 

次にホーム画面に戻り、画面の何もないところを長押しし、左上の「+」ボタンをタップします。

 

 

下段のアプリ一覧から「Widgetsmith」を選択します

 

 

「Small」を選び、「ウィジェットを追加」を押します

 

 

ホーム画面に追加されたウィジェットをタップし、そこが「Small #1」になっていることを確認します(※他の写真で別のウィジェットを作成していたら、そちらも選ぶことができます)

 

 

フリーのウィジェット用イラスト

 

フリーのイラストを4種用意しました。ウィジェットの用途に限りフリーでお使いいただけます(商用利用、その他の2次利用不可)

 

カレンダーウィジェット用

スタイル「Photo Day & Date」スモールサイズ

文字表示「Centered」

 

歩数計ウィジェット用

スタイル「Photo Steps」スモールサイズ

文字表示「Bottom」

 

みなさんもぜひ自分のiPhone画面をカスタマイズしてみてください。

 

 

 

 

---------------

この記事を書いた人

ジャスティン

Twitter: https://twitter.com/Justin_ocarina

(Twitterではキーウィや動物のイラスト、GIFアニメを投稿中)

 

 

よかったら以下ボタンより記事のシェアをお願いします。


コメント

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をしてください。

著者

ジャスティンはTwitterでイラストレーター、YouTubeではオカリナ講師をやっている人です。イラスト・音楽・音響・YouTube運営やマーケティング等幅広い分野の記事を書きます。

人気の記事