メイン画像

子連れ雨キャンプ失敗談~後編~

子連れ雨キャンプ失敗談~後編~


前編では、三姉妹を連れて子どもの園行事で行ったキャンプ場で初めての雨に降られたところまでお話をしました。

さて、今回はその後編です。


まず初めに起きてきたのは長女です。家でも端で寝ている彼女はこの日、テントの中でも端に寝ていました。
泣きながら起きた彼女は服がびしょびしょでした。「濡れて寒い…」と泣きながら起きてきたのです。
よく見てみると床のあたりが雨で濡れています。
もちろん、寝袋も濡れています。

さて、着替えさせようと思ったところ…




なんと

暖かい服がなかったのです。
これは盲点でした。

寒さ対策は十分にしてきたのですが服が濡れて着替えるところまでは想定していませんでした。
私の服やありったけの服を着せて温めます。


幸いにも次女は夢の中だったので、急いで車中に入れていたものをタープの下に移動し長女と次女を車中に寝かせます。
長女は寒くなってしまいその後もグズグズしていました。


三女は移動させたときに起きてしまい、そこから雨の降る中抱っこ紐で抱っこし1時間ほどかけて寝かしつけをしました。


幸いにも三女が眠る頃には雨も止んできて、朝には雨は上がっていました。




この雨のキャンプでの反省点は以下の通りです。


★テントの劣化
…こちらは借りものでしたので仕方ありませんが、劣化が進んでいるとやはり撥水も弱く中までしみこみやすくなっていました。

★長袖や暖かな着替えを多めに持っていくべきだった。
…こちらは濡れてしまうことを想定していなかったので、長女がびしょ濡れになってしまった時に困りました。

★事前の下調べ不足
…事前にネットやYouTubeなどで「雨の日のキャンプ」について調べておくべきでした。




反対に良かった点は以下の通りです。


☆雑巾を多めに持って行っていてよかった
…雨が降ることを一応想定はしていたので、多めに雑巾を持って行ったことがよかったです。


☆臨機応変に車中泊に変更したこと
…今回は前回までの経験を活かしキャンプグッズをわかりやすく収納するようにしました。そのためスムーズに車中に寝床を準備することが出来、上2人だけではありますが急遽車中泊に変更することが出来ました。

☆災害時をプチ経験
…夫婦でキャンプというよりも災害時にも似た体験でした。どこで寝るか、どのように雨を避けるかこれから先いつどこで災害が起こるかわからない昨今、経験して損なはなかったかなと思います。




初めての雨のキャンプになりました。
大人だけであれば、大して問題はなかったかもしれませんが今回は1歳、4歳、8歳の三姉妹と一緒にキャンプしていたことで対応に追われる夜となりました。
次回、またキャンプに行く時には十分に下調べをしていかないといけないととても強く感じたキャンプでした。

アカウントを作成 して、もっと沢山の記事を読みませんか?


この記事が気に入ったら わたしのて。 さんを応援しませんか?
メッセージを添えてチップを送ることができます。


この記事にコメントをしてみませんか?


三姉妹を育てる女子力の低めな主婦の駄文です。
趣味はキャンプ、ゆるキャンすき。裁縫。
元児童福祉関係者。
末っ子妊娠中に開業届を出し企業。未就園児を家庭保育しながらフリーランスで働く主婦です。