メイン画像

絵本の市場について

絵本の市場について


絵本の市場規模

市場規模

  • 2022年: 353億円(出版指標年報2022年版)
  • 2021年: 353億円(出版指標年報2022年版)
  • 2020年: 330億円(出版指標年報2022年版)
  • 2019年: 312億円(出版指標年報2022年版)

近年の傾向

  • 出版不況が続く中、絵本市場は堅調に推移している。
  • 2020年はコロナ禍の影響で、学習参考書などの売上が好調だったが、絵本市場もその恩恵を受けた。
  • 2021年も前年比微増で推移している。

好調な理由

  • 少子化の影響を受けにくい
  • コロナ禍の影響で、親子で過ごす時間が増え、絵本を読む機会が増えた
  • 昔からの定番作品に加え、近年は多様な作品が出版されている
  • 大人向けの絵本も人気

今後の展望

  • 今後も絵本市場は堅調に推移していくと予想される。
  • デジタル技術を活用した新しい絵本も登場していく可能性がある。

絵本市場に関する情報源

その他

絵本市場は、出版不況や少子化の影響を受けにくい比較的安定した市場と言えます。近年は、大人向けの絵本も人気を集めるなど、新たな需要も生まれています。今後も絵本市場は、多様なニーズに対応しながら成長していくと考えられます。


アカウントを作成 して、もっと沢山の記事を読みませんか?


この記事が気に入ったら Finance Company さんを応援しませんか?
メッセージを添えてチップを送ることができます。


この記事にコメントをしてみませんか?


Finance Companyでは、様々な企業を解説します。

おすすめの記事