メイン画像

貯金が増えるために大切な考え方3選

貯金が増えるために大切な考え方3選


【増やすことより損しないこと】

「2000万問題」

65歳以上で年金だけで暮らすには2000万円足りないから、各個人で用意しましょう。そのためには今から貯金したり資金が少ないなら投資しましょう。

そのためにつみたてNISAを利用したり、iDeCoを利用するように促す人が増えてきました。

最近こういう情報が多くなってきて、読者が焦って投資商品を買っているような感じがします。

しかし投資というのは多かれ少なかれお金が減るリスクがあり、良くわからないまま投資することで逆に資産を減らすことになりかねません。

投資には沢山の種類があり、投資信託やETFやる場合は年間の手数料が発生します。

手数料は安いもので0.1%以下や、高い場合は1%以上かかり高いところは3%取るところもあります。

「1%?それくらい別に問題なんじゃないの?」

アメリカの有名な株価指数のS&P500で年間の利回りは大体10%以下。

つまり年間100万円をS&P500に連動する投資商品に投資すると110万円に増えるイメージです。

年間手数料が1%だと仮定し、S&P500に連動する商品を100万円分買って運用して10%の利益が出たとします。

手数料は保有資産に対して1%ですから、110万円ー(110万円×0.01)=110万ー1.1万=108万9000円

しかし手数料が0.1%なら110万円は109万8900円になります。

手数料だけで1.1万円損するか、1100円だけ損するか

このように運用で資産を増やしたとしてもいつの間にか損をしている可能性があります。

大きく増えても大きく削られれば利益は落ちてしまいます。

知識があるだけで損をする率が下がったり、結果的に得することがありますからね。

まずは損をしないようにしましょう!

 

【貯金できた後に何をしたいかはっきりしている】

いわゆる何をしたいか目的がはっきりしていることですね。

「旅行したい」

「好きな人にプレゼントしたい」

「両親に恩返ししたい」

「FIREしたい」

など、人によって目的が違うかもしれませんが、目的がはっきりしていればやるべきことや期間が見えてきます。

例えば旅行したいなら以下を書き出して、それに会った予算を組めばいいでしょう。

・期間

・行き先

・宿泊先の金額

・移動にかかる費用

・安く上げたいなら旅行会社や飛行機のキャンペーン期間のチェック

・何か会ったときのための余剰資金(個人的にトータルの旅費の30%くらいあれば良いかなと思います。)

逆に貯金がたまらない人はなんとなく使って、なんとなく貯めている印象ですね。

 

【収支バランスを考えている】

あなたは毎月何にいくらお金を使っていますか?

・家賃

・光熱費

・食費

・スマホやインターネットの通信費

・サブスクリプションサービスなどの月額課金サービス

・交通費

・保険

・衣服

・交際費

・趣味、娯楽費

・住宅や車などのローン

・奨学金返済

個人事業主の場合は国民健康保険や年金、住民税市民税など税金関係も入ってくるでしょう。

ちゃんと見直してみると、使っていないけど支払っている物やサービスがあることがわかります。

例えば車。

都会であれば公共交通機関を使ったり、タクシーを使ったほうが安く上がることがありますよね。

車のローンに毎月いくら払っていますか?

毎月のローン以外に2年に一回車検があり、仮に車検代が10万とすると年間5万必要になります。月換算すると約4200円程。

もしバスやタクシーを使った場合で計算してみてください。

地方の田舎であれば仕方ないと思いますから自分のライフスタイルと相談してみると良いと思います。

その他にも使っていないサブスクリプションサービスや月額課金している物があれば解約しましょう!

「また使うかもしれない」

と思っているなら、今から3ヶ月程たってから振り返ってみると良いですよ。

その3ヶ月の間に1回も使用しなかったら解約しても問題ないと思います。それかまた必要なときに契約すれば良いんですから。

家賃に関しては各々考えがあると思うので、その考えを尊重しますが、

「給料の25%程度」

が一般的な家賃にかける支出と言われています。

例えば年収が200万なら家賃は4万くらい

もしそれ以上払っているなら見直してみると良いかもしれませんね。

 

【まとめ】

貯金が全てではありませんし、稼いだ分全額使うことを否定しません。

個人の考え方がありますから。

しかし貯金をしたくてもなかなか出来ないという人は一定の特徴、パターンがあります。

それを知ることで気をつけることが出来ますし、お金が貯まることで安心感や周りからの反応が良くなったりします。

もちろん無理な倹約、支出カットをすると後々ストレスになって今まで以上にお金を使ったり不健康になったりしますから、あくまで健康的に無理のない範囲で実行していけば良いんです。

もし読者であるあなたのお役に立てれば幸いです。

内容が役に立ったり、面白かったらシェアしてくれると嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。




アカウントを作成 して、もっと沢山の記事を読みませんか?


この記事が気に入ったら かいりゅう さんを応援しませんか?
メッセージを添えてサポートする事ができます。


この記事にコメントをしてみませんか?


資産運用や貯金についての考え方や損をしないために気をつけるポイント等を発信しています。
昔から言われている事から最新の情報まで役に立ちそうなこと、私自身が勉強して気づいた点や重要なことを記事にしていきますので宜しくおねがいしますね。

s