メイン画像

明日からできる低気圧による頭痛を和らげる方法

明日からできる低気圧による頭痛を和らげる方法


 
 低気圧の原因とは?


低気圧による頭痛の原因は、簡潔にいうと自律神経の乱れ血管の拡張です!

 
 例えば、人の体は深い水の中に入ることで高気圧の中にさらされ、耳に膜が張ったようになります。

このように人の体は気圧の影響を受けます



そのため、普段よりも気圧が低いことで血行不良になり、肩が凝ります。そして、頭痛を引き起こすのです!



また、低気圧は血管を膨張させます。


例えば、激しい運動をして、心臓がドクドクなるほど聞こえるということは、血管が拡張している証拠です。

 その後の頭痛は、三叉神経という脳の中の神経が、膨張した血管に圧迫されるためです!


なので、低気圧によって血管が拡張すると、血管に神経が圧迫されることで、頭痛が起こるというわけですね!




梅雨の時期は気を付けるべきもの 3選!!


①冷やしてはいけない


よく風邪の時に頭痛がしたら、頭を冷やそうと言いますが、低気圧の時は逆効果です!

自律神経が乱れているときに冷やしてしまうと、肩こりが酷くなる恐れがあります。


ただし、注意すべきは、片頭痛の時は冷やした方が効果的です。



②アルコールは控えよう


アルコールを飲むと気持ちよくなって、嫌な気分を忘れることができますね。

しかし、アルコールには血管を膨張させる効果があります。


低気圧の時のアルコールは、気をつけましょう



③熱いお湯に入る


熱いお湯に入ると、血行は良くなりますが、お風呂から出た時に眩暈がすることがありますね。

これは、外気の温度差による脳の血管の膨張なので、NGです!



40度ほどのぬるま湯にするように心がけましょう。



簡単! 低気圧による頭痛の緩和方法


①肩や耳たぶ周りのマッサージ


ぬるま湯に入って、体をほぐしながら三十分ほどかけて、肩回りや耳たぶを優しく押してあげましょう。

この時、注意しなければならないのは、強く押し過ぎないこと! 長い時間マッサージしないこと!


強く押すと、神経を圧迫して傷つけるので逆効果です。

また、長時間マッサージすることで、体は元と違い過ぎることに驚いて、凝りを戻そうとするのです。
                    (ダイエットのリバウンドと似た現象ですね...…)


②適度な運動


少しでもいいので、体を動かすことを心がけましょう。

適度な運動により、血管の膨張を防ぐことはもちろん、自律神経の乱れも抑えてくれます。



③ストレスを解消する


イライラや悩みなどのストレスは、なるべく解消しましょう


ストレスによって、緊張して肩こりが発生したり、自律神経が乱れたりします。

ストレスの度合いでは、頭痛が酷くなることもありますので、ストレスな出来事は減らすようにもしましょう。


  【ストレス解消を見つける方法などは、”社畜は、必ず鬱病になる?をご参照ください】

 

 

 

まとめ

 低気圧による頭痛の原因は、自律神経の乱れや血管の膨張と分かりましたね。

また、頭痛を緩和するのは、肩や耳たぶのマッサージ、適度な運動、ストレスを解消するとご紹介しました。


緩和方法を上手に使いこなすことで、じめじめした梅雨の時期を楽しく過ごして、一緒に乗り切りましょう。

 

 


アカウントを作成 して、もっと沢山の記事を読みませんか?


この記事が気に入ったら ジロ吉 さんを応援しませんか?
メッセージを添えてサポートする事ができます。


この記事にコメントをしてみませんか?


楽しいこと、動物大好きな認定心理士
心理の勉強に役立つことや、暗記、メンタルに関する記事を書いていくつもりです

s
おすすめの記事