メイン画像

書く「喜び」と「可能性」がもっと広がる あなたも有料記事を書こう!

書く「喜び」と「可能性」がもっと広がる あなたも有料記事を書こう!


自分が考えていることや体験したことなどを記事にするのは楽しいものです。
 
書くことで考えが整理されたり、新しい発見があったり、記録にしたりと自分自身のために書いているという方も多いことでしょう。さらには、記事が多くの人の目に触れて、共感されたり、感動されたり、さらには誰かの役に立ったりすることがあります。
 
TOPVIEWで無料記事を公開されている方は、こうした「価格楽しさ」や「読まれる喜び」を日々感じていらっしゃることと思います。
 
この「書く楽しさ」「読まれる喜び」をさらに深めてくれるのが「売れる喜び」、つまり、有料記事です。
 
 
 
「有料記事なんて、プロの世界でしょ」
 
「お金を出してまで読んでもらえる自信がない」
 
 
 
そんな風に思っているなら、まずは有料記事についてよく知ることから始めてみましょう。
 
 

有料記事ならではの3つのメリット

 
無料記事にはない、有料記事ならではのメリットはいくつもありますが、中でも大きなメリットは次の3つです。
 
 
 

<PV収入と販売収入のダブル収入>

 
有料記事ですから、売れればもちろん収入になります。TOPVIEWでは無料記事でもPV数に応じた収入が発生しますが、有料記事にすることでPV収入と販売収入の両方が受け取れて収入アップに。
 
お小遣い稼ぎから本格的な記事収入まで、記事の人気度に応じた収入が受け取れます。
 
 
 

<売れると嬉しい!モチベーションがアップ!>

 
記事を書き続ける、創作を続けるということは意外と大変なことです。書く頻度が落ちたり、書くことをやめてしまったりという経験をした人も多いことでしょう。そんな時こそ有料記事が役立ちます。
 
どんなものでも、自分の作ったものが売れると嬉しいもの。記事だって例外ではありません。思いのこもった記事が売れたときの喜びが、創作を続けるためのモチベーションを維持し、高めてくれるのです。
 
 
 

<より良い記事を作りたいという気持ちがあなたを成長させる>

 
有料記事にすると、「金額に見合う内容かどうか」を意識するようになります。その結果、より良い記事を作ろうという緊張感や意欲が生まれ、無料記事とは違った姿勢で創作に取り組めるように。
 
取材をしたり、写真を撮ったり、深く調べたり、表現を工夫したりと、質の高い作品が生まれることが期待できます。それはクリエイターとしての成長につながっていくことでしょう。
 
 
 

プロでなくても気軽に書けるのが有料記事

 
有料記事は、プロだけのものではなく、誰でも気軽にチャレンジできるのがいいところです。中でも、次のようなことをしたい人にはピッタリ。当てはまる人はぜひ有料記事を書いてみましょう。
 
 
 

<自分の持っている知識を本当に必要な人だけに提供したい>

 
記事の価値をわかってくれる人だけに提供したい、貴重な知識だから有料で読んでもらいたいという場合です。
 
たとえば、仕事で得た知識や経験を同業者やその仕事を目指す人に伝えたい場合や、趣味や特技の知識や技術を興味のある人と共有したい時は、有料記事にしてみましょう。
 
自分の経験や努力から得た知識や成果は、無料で公開するのも良いですが、本当にそれを求めている人なら有料でも読んでくれます。
 
 
 

<限定的に公開する記事を書きたい>

 
独自の主張や考え方を公表したいが、無料公開では批判が多くなりそうで不安があるというような場合も、有料記事が有効です。有料にすることで限定的な公開となり、興味を持った人や同じような思いを持つ人だけに読んでもらえます。
 
 
 

<自分の書いたものがどれほど売れるか試したい>

 
PV数だけでも記事の人気度はある程度わかりますが、有料記事にすることでさらにはっきりわかります。「お金を払ってでも読みたい」と思ってもらえるなら本当に面白い記事、あるいは価値のある記事ということ。
 
自分の書く記事がどれほど売れるか試してみたいという方はぜひチャレンジを。
 
 
 

有料記事に向いている内容は?

 
有料記事の内容には、向き不向きがあります。特に有料記事に向いていると思われる内容をピックアップしてみました。
 
 
 

<専門的な知識やノウハウを伝える記事>

 
仕事関係・趣味などで身につけた事や、独自のアイデア、新しい情報、他の人があまり知らない特殊な体験などはお金を払ってでも読みたいという方は多いものです。
 
読者にとって有益なこと、役に立つ内容が入った記事は有料記事にしてみましょう。
 
 
 

<小説・漫画など続きが読みたくなる記事>

 
推理小説、恋愛小説、漫画なども有料記事に向いています。有料記事では一部分を無料で読めるので、「続きが気になる」という読者は購入してくれるはず。内容が面白いかどうかの一種の指標にもなります。
 
 
 

<シリーズ・連載記事>

 
現在取り組んでいることの進行状況の報告記事や、旅行ごとの写真やエッセー、テーマ別の短編集など、シリーズのようにいくつも記事を書く場合です。興味のあるものだけをピックアップして購入してもらえることもあれば、継続購入の可能性も。
 
 
 

あなたも有料記事にチャレンジしよう

 
有料記事はプロのライターだけのものではないこと、クリエイターとしての成長を促し、可能性を広げていくものであることがお分かりいただけたでしょうか。
 
気軽な読みものや多くの人に読んで欲しいものは低めの価格に、特別な情報を含んだ価値の高いものは高めの価格に設定するなど、価格設定も工夫しながら取り組んでみましょう。
 
TOPVIEWでは、多くの方に有料記事を書いていただけるよう、決済手数料が低めに設定(クレジット決済手数料3.6%・システム決済手数料10.4%)されているのもうれしいポイントです。
 
 
 
これを機にあなたも有料記事にチャレンジして、「売れる喜び」を得るとともに、創作の幅と可能性をどんどん広げていきましょう!


記事を書き始めるには ログイン してください。


アカウントを作成 して、もっと沢山の記事を読みませんか?


この記事が気に入ったら TOPVIEW公式 さんを応援しませんか?
メッセージを添えてサポートする事ができます。


この記事にコメントをしてみませんか?


TOPVIEW編集部による記事です。
お問い合わせやご質問などはメッセージよりお願いいたします。

おすすめの記事