メイン画像

【落語ファンが選ぶ!】人気イケメン落語家さん5人!(真打・二ツ目)

【落語ファンが選ぶ!】人気イケメン落語家さん5人!(真打・二ツ目)


こんにちは!

 

みなさんは、落語がお好きですか?「寿限無」や「時そば」のような有名な噺なら知っている、という方も多いかもしれません。落語のおもしろさはもちろん芸。しかし、実力とあわせて、素敵な容姿でお客さんを魅了している落語家さんもいらっしゃいます。そこで今回は、落語ファンの筆者が選ぶ、イケメン落語家(真打・二ツ目)をご紹介します!

 

※なお、見出しの名前の後の敬称は略しています。あらかじめご承知おきください。また、真打・二ツ目等は、この記事執筆時(2021年5月)の段階のものです。

 

古今亭菊之丞(ここんてい きくのじょう)

女性人気も高い古今亭菊之丞師匠。師匠が演じる女性の登場人物は色っぽくつややかです。歌舞伎役者のようなお顔立ち、そして上品な言葉遣いや仕草に、引き込まれてしまうこと間違いなし。師匠は、「いだてん」(NHK総合、2019)に出演された際には、六代目金原亭馬生を演じ、落語及び江戸ことば指導もなさいました。

 

隅田川馬石(すみだがわ ばせき)

五街道雲助師匠のお弟子さんでいらっしゃる四代目隅田川馬石師匠。柔らかな雰囲気やお声、話し方で女性の人気も大きいです。「ドラマ10 昭和元禄落語心中」(NHK総合、2018)

「いだてん」(NHK総合、2019)など、テレビ出演も多くなさっています。

 

瀧川鯉斗(たきがわ・こいと)

瀧川鯉昇師匠のお弟子さんでいらっしゃる、瀧川鯉斗師匠。メディア出演等も多い方ですので、イケメン落語家といえばこの方!とご記憶の方も多いかもしれません。2019年5月に真打に昇進されました。元暴走族総長というパンチのつよい経歴をお持ちですが、落語に対する熱い思いも師匠の魅力。

 

橘家文吾(たちばなや ぶんご)

橘家文蔵師匠のお弟子さんでいらっしゃる橘家文吾さん。お若いながら、確かな実力をお持ちの噺家さんです。芯のある声で、江戸言葉もお手のもの。登場人物の話分けもとてもお上手で、聞いていると、噺が始まってすぐにその世界に入ったような感覚になります。

 

 

春風亭朝枝(しゅんぷうてい ちょうし)

春風亭一朝のお弟子さんでいらっしゃる春風亭朝枝さん。歌舞伎役者かのような端正な

お顔立ちと、涼やかな雰囲気をまとっていらっしゃいます。お声も素敵で、男性の登場人物はもちろんですが、筆者のおすすめポイントは、朝枝さんが演じる女性のキャラクター。つややかな声と仕草で、たいへん色っぽく、女性である私もドキドキしてしまいます。

 

 

いかがでしたか?

もちろん落語家にとって顔がすべてということではありませんが、見目麗しい落語家さんを見て、落語に興味を持つというのもいいのではないでしょうか。まだまだ、素敵な落語家産はたくさんいらっしゃいますので、ご興味のある方はぜひ、調べてみてくださいね!


アカウントを作成 して、もっと沢山の記事を読みませんか?


この記事が気に入ったら ゆず さんを応援しませんか?
メッセージを添えてサポートする事ができます。


この記事にコメントをしてみませんか?


読書が大好きなアラサーです!好きな本や落語、食、文化一般について発信できればと思っています!

おすすめの記事