メイン画像

私が考える結婚しない日本人が増えている理由

私が考える結婚しない日本人が増えている理由


(この記事は、外国の方向けに描いた記事です)

こんにちは!記事を読んでいただき、ありがとうございます!

 

みなさんの中の多くは、日本で少子高齢化が進んでいることを知っていると思います。高齢者が増え、それを支える若い世代が少なくなっていることで、将来の負担も増えると言われています。そして、日本では結婚せずに子どもを持つことはまだめずらしく、少子化の一つの理由に、結婚する日本人が少なくなっていることが挙げられます。そこで今回は、日本人の私が、結婚しない日本人が増えている理由を考えてみたいと思います。

 

1.カップル文化は重要視されていない

私が2019年に日本からイギリスに移住して驚いたことの1つに、カップル文化があります。私は夫の会社のクリスマスパーティーにプラスワンとして参加しました。会場では、社員が恋人や配偶者と一緒にウェルカムドリンクや前菜のフィンガーフードを楽しみ、テーブルでは二人が隣同士に座れるように席が指定されていました。これは、日本ではまず見ない光景です。日本でも、年末に多くの会社で忘年会がありますが、ここに自分の恋人や配偶者を連れて行くことはありません。

 

また、街中でもSNS上でも、自分の恋人や配偶者といちゃいちゃしたりすることは社会的にあまりいいものとされていません。そういうことはプライベートであり、わざわざ他人に見せつけるようなことをすると、周囲の人から白い目で見られます。目にすることが少ないため、「カップルがうらやましい」とか、「自分に恋人がいないことが悔しくてたまらない」というのはもちろんゼロではありませんが、少ないと思います。

 

また、日本ではカップル同士よりも親子関係や仕事が重視されることがあります。

 

 

2.ひとりでも楽しめ、生きていける

1.とも少し似ていますが、日本ではカップルで何かを一緒にする、パーティーに参加する、ということは少ないです。そして、ひとりでも楽しめることが日本にはたくさんあるのです。レストランやホテル、旅館では「おひとりさまプラン」というものがたくさんあります。各種食品メーカーでは、一人用の調味料や食材を作っています。一人で生きる、ということがあまりにも自然にできてしまうのです。

 

そして、東京を中心とした都市の家賃は高いですが、ロンドンやニューヨークほどではないと感じています。そして、日本人は他人にあまり干渉しない、逆に他人にも自分に干渉してほしくない、と考える人も多いので、ルームシェアをするよりは一人暮らしをしたい、という人も多いのだと思います。そのため、無理をしてでも恋人を作って一緒に暮らす、という選択肢は少なくなっていると思います。

 

 

3.労働環境、金銭的な不安

日本は長時間労働で有名だと思います。長時間働いてもそれに見合うだけの給料がもらえなかったり、まじめで勤勉な性格が裏目に出て、会社で休暇が取りにくい、というのもあると思います。そして、仕事が忙しいため、自分のプライベートに割く時間が減ってしまうのです。

 

そして、若い世代にとっては、将来の金銭的な不安もあります。日本では子どもを産み育てることは年々大変になっており、そんなリスクを負うのであれば、結婚しないで一人で暮らした方がマシ、という人が増えていることも納得です。

 

 

以上です。みなさんの国では、結婚することは伝統的な文化として残っていますか?それとも、結婚は昔ほどあたりまえのことではなくなっていますか?この記事が、少しでも日本について知るきっかけになれば嬉しいです。


アカウントを作成 して、もっと沢山の記事を読みませんか?


この記事が気に入ったら 新居 さんを応援しませんか?
メッセージを添えてサポートする事ができます。


この記事にコメントをしてみませんか?


落語、食、文化一般について発信しています

おすすめの記事