メイン画像

Google Colaboratory とは

Google Colaboratory とは


Google Colaboratoryとは


Colaboratory は、機械学習/Deep Learningの教育や研究の促進を目的とした Google 研究プロジェクトです。完全にクラウドで実行される Jupyter ノートブック環境を特別な設定なしにご利用いただけます。

Colaboratory ノートブックは Google ドライブに保存され、Google ドキュメントや Google スプレッドシートと同じように共有できます。Colaboratory の利用は無料です。

 

Google Colaboratoryを使ってみる

STEP1:GoogleのColaboratoryページ にアクセス
STEP2:
「ノートブックを新規作成」をクリックし、「PYTHON 3 の新しいノートブック」を選択
STEP3:ランタイムに接続したらPython環境の構築完了。

大抵のライブラリはインストールされているため、すぐに使用できる。また、必要に応じてインストールも可。
⚠️ランタイムの接続を切ると、内容は白紙に戻る。



Google Colaborator でGPUを使用する

「ランタイム」 → 「ランタイムのタイプを変更」から、「ハードウェアアクセラレータ」で「GPU」を選択。



GPUを使って機械学習を実行する

TensorflowやMNIST, Keras等は標準インストールされてるため、GPUを使用した機械学習が即座に実行可能。
また、サンプルコードもいくつか用意されている

from __future__ import print_function
import keras
from keras.datasets import mnist
from keras.models import Sequential
from keras.layers import Dense, Dropout, Flatten
from keras.layers import Conv2D, MaxPooling2D
from keras import backend as K
 
batch_size = 128
num_classes = 10
epochs = 12
 
# input image dimensions
img_rows, img_cols = 28, 28
 
# the data, split between train and test sets
(x_train, y_train), (x_test, y_test) = mnist.load_data()
 
if K.image_data_format() == 'channels_first':
    x_train = x_train.reshape(x_train.shape[0], 1, img_rows, img_cols)
    x_test = x_test.reshape(x_test.shape[0], 1, img_rows, img_cols)
    input_shape = (1, img_rows, img_cols)
else:
    x_train = x_train.reshape(x_train.shape[0], img_rows, img_cols, 1)
    x_test = x_test.reshape(x_test.shape[0], img_rows, img_cols, 1)
    input_shape = (img_rows, img_cols, 1)
 
x_train = x_train.astype('float32')
x_test = x_test.astype('float32')
x_train /= 255
x_test /= 255
 
print('x_train shape:', x_train.shape)
print(x_train.shape[0], 'train samples')
print(x_test.shape[0], 'test samples')
 
# convert class vectors to binary class matrices
y_train = keras.utils.to_categorical(y_train, num_classes)
y_test = keras.utils.to_categorical(y_test, num_classes)
 
model = Sequential()
model.add(Conv2D(32, kernel_size=(3, 3),
                 activation='relu',
                 input_shape=input_shape))
model.add(Conv2D(64, (3, 3), activation='relu'))
model.add(MaxPooling2D(pool_size=(2, 2)))
model.add(Dropout(0.25))
model.add(Flatten())
model.add(Dense(128, activation='relu'))
model.add(Dropout(0.5))
model.add(Dense(num_classes, activation='softmax'))
 
model.compile(loss=keras.losses.categorical_crossentropy,
              optimizer=keras.optimizers.Adadelta(),
              metrics=['accuracy'])
 
model.fit(x_train, y_train,
          batch_size=batch_size,
          epochs=epochs,
          verbose=1,
          validation_data=(x_test, y_test))
score = model.evaluate(x_test, y_test, verbose=0)
print('Test loss:', score[0])
print('Test accuracy:', score[1])

アカウントを作成 して、もっと沢山の記事を読みませんか?


この記事が気に入ったら c7 さんを応援しませんか?
メッセージを添えてサポートする事ができます。


この記事にコメントをしてみませんか?


c7
c7

しがない学生

このクリエイターの人気記事