メイン画像

【本の紹介】ゴーストハント

【本の紹介】ゴーストハント



ゴーストハント
小野不由美 著

出版社名   メディアファクトリー
出版年月    2010年11月
ISBNコード     978-4-8401-3594-8
頁数・縦  362P 19cm


「……これはクラブの先輩から聞いたんだけど。
先輩の友達が、旧校舎で人影を見たことがあるんだって。
その友達は近所に住んでてね、夜に学校の近くを通って――ほら、旧校舎の塀沿いに道が
あるじゃない。あそこを犬の散歩で通っていて、ふいに視線を感じたんだって。
それで何気なく旧校舎を振り仰いでみると、半分壊れた教室の窓に白い人影があって、
こっちのほうをじーっと見降ろしてたって」



 
今回紹介する本は「ゴーストハント」です。
著者は小野不由美さん。

こちらはシリーズもので、全7巻となっています。


ちなみに元々は悪霊シリーズという小説で、
1989年から講談社X文庫ティーンズハートというところから刊行されたそうです。
それの新装版がこちらのゴーストハントとなります。
 
小説だけでなく、漫画やアニメにもなっているので、
ご存知の方も多いかと思います。

私の働いていた図書館ではティーンズのところに置いてありましたので
基本的には中高生向けかなと思います。


そしてあらすじですが、

普通の女子高校生・谷山麻衣が、
ナルと名付けたナルシストな美少年の渋谷一也と出会い、

個性的な変人揃いの霊能者たちと怪事件に挑んでいくというものです。


学校や洋館、島など、様々な舞台で書かれていて、
なおかつホラーであり、ミステリーでもあるような書き方をされています。
 
最初の麻衣とナルの出会いとか、ふたりのやりとりを読んでいると
ラブコメかなって思ってしまうんですが

実際恋愛要素もありますが、
怪奇現象とか、ホラーシーンの描写が本当に怖いです。


キャラクターもみんな濃くてテンポも良いので
ホラー苦手な方でも読めるのかなって
思ってしまうかも知れませんが、
怖いシーンは怖いのでご注意ください。


また、怖いシーンだけでなく、ミステリー要素とか、
それぞれの登場人物との関係とか、結末とか、
見どころはたくさんあるので、ぜひぜひ読んでみてください。


以上、「ゴーストハント」の紹介でした。


【今回紹介した本】
 
『ゴーストハント』 小野不由美/著
出版社:メディアファクトリー  出版年:2010年
ISBN:978-4040686561
購入はこちら:Amazon e-hon


アカウントを作成 して、もっと沢山の記事を読みませんか?


この記事が気に入ったら 月子堂 さんを応援しませんか?
メッセージを添えてチップを送ることができます。


この記事にコメントをしてみませんか?


本の紹介や短編小説、ショートショート等を投稿してまいります。

おすすめの記事
2022/04/12 22:01 - さやはな@体も心も元気になれ!
2022/04/6 10:37 - アメクマ@さりげなく10万円越え“音速”ライター
2021/12/20 14:31 - C.W.