メイン画像

【死後の世界は無なんてウソ】ひいおばあちゃんが枕元に出てきたときの話

【死後の世界は無なんてウソ】ひいおばあちゃんが枕元に出てきたときの話


おそらく、ほとんどの人はひいおばあちゃん、ひいおじいちゃんに会ったことがある人っていないんじゃないかと思います。

今から6年くらい前の話ですが、1度も会ったことないひいおばあちゃんが枕元に出てきた経験があります。

今回は、僕が実際に体験した不思議なことを紹介しますね。

当時はやりたいこともなく、家でだらだらしていた

今はフリーランスライターとブロガーの仕事をしていますが、6年前は正直にいうと無職で毎日スマホをいじったり、昼間から寝たりと結構だらしない生活をしていました。

やっていたバイトも人間関係がうまくいかなくて辞めて、これからどうしようと思うこともありましたが、時間だけが過ぎていく日々。

夜中に寝ていたら枕元から人の気配がした

ある日の夜中に目が覚めて、なんとなく枕元から人の気配がするなと思ったら誰かいるんです。

少し怖い話になっていますが、最初は「だれだろ?親かな?」と思うくらいで別に恐怖感はありませんでした。

親にしては小柄だなと感じ、「え?だれ?」と頭の中が?だらけでした。

よくみると、髪の毛を1本縛りにした90歳くらいのおばあちゃんだったんです。

険しい顔をしたおばあさんに怒られた

すごい険しい顔をしながら、

「怠けるな!!働け!!」と怒鳴られ、その後はすぐに消えてしまいました。

誰もが「夢じゃないの?」と思うかもしれませんが、完全に意識がある状態だったんです。

そして翌日、父に話したら、驚愕なことを知りました。

父に話したら「それ、ひいおばあちゃんだよ」と言われた

顔の輪郭、声の特徴、背格好などを父に話したら、

「それ、ひいおばあちゃんだよ。なんでおまえが知ってるんだ?」と言われました。

僕は1度もひいおばあちゃんに会ったことがなかったんです。

僕が生まれる数十年前に亡くなっていたので、特に声の特徴とか知るはずがないのに。

ひいおばあちゃんが現れた理由は多分、何も行動をしない自分にみかねて怒りに来てくれたんだなって思っています。

今は仕事でいろいろ失敗して嫌気がさすこともありますが、ご先祖様が出てくることはないので、このまま壁にぶつかりながら生きていこうかなと思っています(笑)。

「死後の世界は無だ」とも言いきれない

外国の研究家で「死後の世界は無になるだけだ」と言う人もいますが、僕は無いとも言いきれないと思っています。

実際に自分のご先祖様が怒りに来たという体験をしているので。。(笑)

アカウントを作成 して、もっと沢山の記事を読みませんか?


この記事が気に入ったら 杉澤大翔 さんを応援しませんか?
メッセージを添えてサポートする事ができます。


この記事にコメントをしてみませんか?


Webライター×ブロガーの仕事をしている杉澤大翔(すぎさわひろと)です。

在宅でWebライターとブロガーの仕事をしています。
ここでは主に役に立つこと・体験談などを執筆します。

インスタではたまに自分で作った料理やお菓子を投稿しています。
ブログもやっているので、興味のある方はご覧ください。
https://lucky-hiroto.com/

s
おすすめの記事