メイン画像

【本の紹介】上を向く少年と下を向く少年

【本の紹介】上を向く少年と下を向く少年



上を向く少年と下を向く少年
高橋俊英 絵と文

出版社名   文芸社
出版年月   2017年9月
ISBNコード    978-4-286-18633-7
頁数・縦  24P 19×27cm


ノーマンは、とても目がよい少年でした。
遠くまでよく見えるノーマンは、より遠くまで見ようとして、
自然と上を向くようになりました。
ダリルは、とても目が悪い少年でした。
遠くのものがよく見えないダリルは、近くのものをしっかり見ようとして、
自然と下を向くようになりました。



 
今回紹介する絵本は「上を向く少年と下を向く少年」です。


利用対象は、小学1~2年生と書いてありました。
ふりがなは振ってありますが、漢字は普通に使われています。


そしてあらすじですが、タイトル通り、
上を向く少年と下を向く少年のお話です。
ちょっと壮大に聞こえるかも知れませんが、ふたりの人生のお話です。


絵がすごくかわいくて、お話もかわいいというか、ほんわかしてるので
わたしはすごく好きだなって思いました。


ぜひぜひ読んでみてください。
 
以上、「上を向く少年と下を向く少年」の紹介でした。


【今回紹介した本】

上を向く少年と下を向く少年』 高橋俊英/絵と文
出版社:文芸社  出版年:2017年
ISBN:978-4-286-18633-7
購入はこちら:Amazon e-hon


アカウントを作成 して、もっと沢山の記事を読みませんか?


この記事が気に入ったら 月子堂 さんを応援しませんか?
メッセージを添えてサポートする事ができます。


この記事にコメントをしてみませんか?


本の紹介や短編小説、ショートショート等を投稿してまいります。

s