メイン画像

仕事が途切れない、続く、人気ライターの特徴5つ

仕事が途切れない、続く、人気ライターの特徴5つ


 
以前、私は「仕事が来ない、続かない、残念ライターの特徴7つ」という記事を書きました。
おかげさまで沢山の(とは言えないが複数の)かたに読んでいただきました。ありがとうございます。

では逆に、仕事が来る人気ライターとはどんなだろう、とふと考えたのですよ。
 
残念ライターの逆でいいんじゃない? って思います?
いやいやいや……
ノンノン、逆をやっているだけでは、普通のライターなんです(私、イマココです)
芸能人で言えば知る人ぞ知る脇役、映画に数本出演し、ドラマは1シーズンに1本レギュラーがあるって感じでしょうか。悪くないけど凄くもない。
普通レベル。それだって生き残ってるのは大したもんだと思います(自画自賛してます)

しかし、このままでいいのか、いやよくない(反語法)、現状維持は後退だ、ということで
より進化するため、これまで仰ぎ見てきた人気ライターさんたちの特徴をまとめてみました。
 
普通ライターの私が考えるのはおこがましいんですが……経験だけは豊富ですから、
異論反論オブジェクション(古い)受け付けます。
 

特徴1:社会人としての常識+αがある

普通のライターなら社会人の常識を備えているはず。
たとえば、守秘義務を守る。指定する連絡ツール(slackやチャットワーク)を普通に使える。一般的な日本語が通じる。締切を守る。ホウレンソウをわすれない。などなど……
 
さらに何らかの気配りをトッピングできるのが人気ライターの特徴です。
時候の挨拶に相手へのいたわりを入れる。
メールの返事が秒殺でしかも的確。
相手からのリアクションを待たずに自分からアクションができる積極性……
などでしょうか。
 

特徴2:仕事ができる! だけじゃない

ライターにとってライターとしての基礎的な能力は必須ですよね。
たとえば……企画意図を理解してほどほどの原稿を作成する。
文体の統一。規定の文字数の原稿が書ける。
読める文章が書ける。最低限の校正はマナーとして行う。ライターを名乗るのでしたらこのくらいはできるはず、ていうか、やろうよ、ね。
 
人気ライターはさらに
異常に原稿を書くのが早い。
企画意図を理解して企画以上の原稿をコンスタントに量産する。
といったワザも繰り出してきます。
 
 

特徴3:吸収力がスゴイ

普通のライターがタオル程度の吸収力だとしたら
人気ライターの吸収力ったら「お前は高分子ポリマーか?」ってほどです。
貪欲ゥ……
多分記憶力もずば抜けている人が多いのだと思う。
 
 

特徴4:仕事を選ぶ

普通のライターは
スケジュールがタイトな仕事でも請ける。
自分に合わないと思う仕事でも請ける。
家族に自慢できる仕事じゃなくても請ける。
だって断ると次が保証されていないですし、自分の幅を広げるのも仕事のうちですから。
 
ところが人気ライターは逆に仕事を選びます。
ギャラだけでなく、その仕事に興味はあるか、その仕事は自分を輝かせてくれるか、
あ、気付いてしまった。
仕事の依頼が山ほどあれば選べるでしょうねえ。そっか……。
 
 

特徴5:押しが強い

「強気で見積もりだしたけど高かったかしら」「あの原稿あれで良かったかしら」と
クヨクヨしちゃうのが普通のライター。
 
人気ライターは内容についてもお金関係についても主導権を握ります。

この辺は人気があるから主導権が握れるんでしょという意見もあるでしょうが
多分「前提」の違いだと思うんですよね。
人気ライターは主導権が自分になくても、うまいこと握ります。
胆力があるというんでしょうか。
自信があるから人気があるのか、人気があるから自信があるのか。
 

いかがでしたか?

ところで、ネットの文章で「いかがでしたか?」で締めるのって超ダサいな!と思うんですが、いかにもネットに書いているという感じがして、ひとまわりして最近好きなんです。

いかがでしたか? 特徴を7つだそうと思ったのですが、5つしか思いつきませんでした。
一つでも参考になったら幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
 
※曽田照子の本はアマゾンで購入できます※

アカウントを作成 して、もっと沢山の記事を読みませんか?


この記事が気に入ったら 曽田照子 さんを応援しませんか?
メッセージを添えてサポートする事ができます。


この記事にコメントをしてみませんか?


子育て中のママ・パパのための本を書いています。→ https://amzn.to/3ixOLOF

s
おすすめの記事