メイン画像

朝の健康習慣!水一杯や白湯一杯はイライラを鎮める!

朝の健康習慣!水一杯や白湯一杯はイライラを鎮める!


お医者様もすすめる健康習慣「朝起きたら、コップ一杯の水や白湯を飲む」。

よく言われている効果は、「お通じが良くなる」ですが、実は「朝のイライラにも効く」のはご存知ですか?

 

ここでは、白湯と自律神経の関係についてお伝えしたいと思います。

 

【朝起きて過剰に副交感神経が下がると、いらいらしやすい】

自律神経には、交感神経(人を興奮させ、活動的にする神経)と副交感神経(人をリラックスさせる神経)の2種類あります。

 

朝起きると、心と体を動かすため自律神経は副交感神経から交感神経に切り替わろうとします。その時、過剰に副交感神経が下がると、人はイライラしてしまうのです。

 

【朝のイライラに水や白湯が良い理由】

まず、朝起きて常温の水一杯か白湯一杯を飲むと体がどう反応するか見ていきましょう。


 〇朝起きて常温の水一杯or白湯一杯を飲む。

        ↓

〇胃に水の重みがかかって、大腸の上部にまで刺激が伝わる。

        ↓

〇胃と結腸に腸の蠕動運動を活発にする反射が起こる。

        ↓

〇腸の蠕動運動が活発になり、自然な便意をもよおしやすくなる

 

 

ここまでは知っている方も多いと思います。

実は腸は、副交感神経によってコントロールされています。

朝の一杯で胃腸の働きが活発になると、副交感神経が刺激されるので過剰な低下を防いで、自律神経のバランスが整えることができるのです。

よって、朝のイライラを鎮める効果が期待できるというわけです。

 

【素朴な疑問、コーヒーとかジュースではだめなのですか?】

結論から言うと、コーヒーやジュースなどはあまりおすすめしません。

なぜなら、甘味料や塩分の濃度が高い飲料は、体に吸収されるまでに時間がかかりすぎたり、内臓を弱めたり、毎日飲むと生活習慣病になる可能性が高くなります。
アルコールや多量のカフェインを含んでいる飲料は、尿の量を増やして体内の水分を輩出してしまうので、寝ている間にコップ1杯分の水分を汗で失っている体には向きません。


もちろん水以外の飲料にも朝に飲むメリットがそれぞれあるので、絶対にそうしてというわけではありませんが、朝起きた時の一杯は、やはり常温の水か白湯が最もおすすめです。

 

【女性はぜひ白湯をチョイスして!】

常温の水でも良いのですが、白湯にはイライラを鎮める以外にも、嬉しい様々な効果が期待できます。


 
〇深部体温が上がることで、冷え性の改善にもつながる。

〇内臓を温めるので、基礎代謝が上がり、脂肪燃焼力アップ。

〇毛細血管が広がるので、血流が良くなり、老廃物が排出され、美肌に。

【まとめ】

朝起きた時イライラする人は、過剰に副交感神経が下がっている可能性があるので、常温の水が白湯を飲んでみてくださいね。

一杯で最もおすすめなのが白湯。

でも真夏などどうしても白湯が負担な時は、常温の水でもOK

コップ一杯(200250ミリリットルくらい)を目安にしてください。

胃に重みを加えるの大きな目的なので、少ない量やちびちび10分以上の時間をかけて飲むのでは意味がなくなってしまいます。
そこはご注意くださいね~(^^)


アカウントを作成 して、もっと沢山の記事を読みませんか?


この記事が気に入ったら ライターチョコお茶 さんを応援しませんか?
メッセージを添えてサポートする事ができます。


この記事にコメントをしてみませんか?


童話作家を目指している40代です。ゆったりと穏やかに、文章を綴っていきたいです。

s
おすすめの記事