メイン画像

フリーライターつらかったことあるある!ランキング形式で発表

フリーライターつらかったことあるある!ランキング形式で発表


フリーライターの「あるある」について、ランキング形式で発表します!


今回は「つらかったこと」について、第5位まで発表。

1番つらかったことは何でしょうか?どんなつらいことがあったのかも気になりますね!


フリーライターの方に共感してもらえるでしょうか?

第5位 自分と他者の評価の違い


自分で作成した記事をクライアントさんに納品した際に「今回は修正はないだろう」「継続案件につながるだろう」と思います。

実際には、修正点が多いことや継続案件にはつながりません。


SNSの投稿も「いいね!」が多く付きそうと自分は思っていても、付かないことがあります。


クライアントさんや読者が求める記事を作成しないと、評価はされないことが分かります。

第4位 希望していた案件が募集中止


希望していた、もしくは応募しようか悩んでいた案件が、期限日の前に募集を中止することがあります。


クライアントさんの中には、応募者が集まった時点で募集を中止することも。

希望している案件には、すぐ応募することが大切です。

第3位 テストライティング後に他の案件へ誘導


ブログ記事作成の案件へ応募し、テストライティングを受け、報酬を受け取りました。


今後は、クラウドソーシングのメール機能ではなく、チャットワークで連絡したい要望あり。

チャットワークでは、ライティングではなく「物販」の勧誘があったので、即お断り。


この案件は、テストライティングが「300字で300円の報酬」でした。

テストライティングが高報酬で、契約後のチャットワークの誘導は、要注意です。

第2位 テストライティングのみの対応


ブログ記事案件のテストライティングに合格し、報酬を獲得しました。


その後、クライアントさんに連絡するも、連絡とれず。

テストライティングに合格するも、その後の発注はありません。


応募時のテストライティングも悪質かどうか?見極めが必要です。

第1位 文章の下書き保存わすれ


こんなことありませんか?
  • 文章を保存したと思い込んでいた
  • もう少しで完成の文章が保存していない
  • パソコンの不具合で文章が保存されていない
3000文字以上の保存し忘れは、本当つらいですよね。

再び文章を入力するにも、思い出せないこともあります。


細めに文章を保存し、パソコンの定期的なメンテナンスも大事です。

最後に


「フリーライターあるある」いかがだったでしょうか?


つらい出来事ではありましたが、そこから学ぶこともありました。

「失敗は成功のもと」と思って前向きに捉えることも大切ですね!

アカウントを作成 して、もっと沢山の記事を読みませんか?


この記事が気に入ったら osamukyoko2925 さんを応援しませんか?
メッセージを添えてサポートする事ができます。


この記事にコメントをしてみませんか?


アラフォー主婦。現在は、フリーランス看護師ライターとして活動中です。
TOPVIEWでは、フリーライターを始めたばかりの自分に向けて、情報発信しています。
こちらもご覧ください。https://note.com/miyumasa

s
おすすめの記事