メイン画像

【やよい軒】銀鮭の塩糀焼とほっけ定食 実食!豪華すぎ!!

【やよい軒】銀鮭の塩糀焼とほっけ定食 実食!豪華すぎ!!


店頭に貼られたメニューの告知で、見つけてしまった。

「銀鮭の塩糀焼とほっけ定食」。

やよい軒ってほっけも鮭もおいしいのに、ひと皿で両方食べられるだと…⁉
ぜいたくすぎるだろぉ!!

ということで、実食です。





お魚だけクローズアップ。
大きなほっけの塩焼+添えられた鮭の塩糀焼。
大根おろしもうれしい!

いざ、ほっけから!
ふっくらして、食べごたえバツグン。
家で焼くと、固くなったりしがちよね…。

焼きたてで熱っつッ!!となりがちだが、
冷たい大根おろしも口に入れると、すごくちょうどいい。
(ただのねこ舌。(笑))

鮭も割ってみると、実はとても肉厚。



ひと口ほおばると…うわぁーー!
外はカリカリ香ばしく、身はやわらかい!
西京みその、まろやかな味も広がる!
これはすごい。

ついノンストップでお魚をたいらげそうになるが、
それは少しもったいない。

なぜなら。知っているだろうか。
やよい軒といえば。



ごはんのおかわりが自由。
食べたい量のスイッチを押すだけなので、衛生面も安心だね。

そして、



「だし」を自由に注いで、「だし茶漬け」を自作したのしめる…!

私も、ごはんをおかわり。
だしを注ぐ。残しておいたほっけを皮ごと投入。そして、ほぐす…!



だしの量の加減はいつもわからない。

そして見た目は地味だね。
テーブルそなえつけの、お漬けものを加えるのが定番だよ。
私は今回、塩分を考えてやめちゃったけど。
だし自体にもしっかり味がついています。

これがまた…最後まで、至福!!
熱々のおだしに、ほぐしたほっけのうま味がしみ出す。
ほっけは皮も骨もやわらかくなる。

心までほっこりします!



お魚の食べかたがきれいなのが自慢。
ほっけ、どこいった??(笑)
皮とか骨って、香ばしくてむしろおいしくない?


やよい軒って、白米自体もおいしいよね。
かたすぎずやわらかすぎず、無限に食べられそうでこわい。

このコラボ定食に合わせ、
「銀鮭の塩焼定食」も今日から復活。


画像は、公式HPより。

そう、一時期なくなっていたんだ、鮭定食。
シンプルな鮭の塩焼も、やよい軒の手にかかればごちそう。
また食べられる。やったね!

ごちそうさまでした。

アカウントを作成 して、もっと沢山の記事を読みませんか?


この記事が気に入ったら さやはな@体も心も元気になれ! さんを応援しませんか?
メッセージを添えてチップを送ることができます。


この記事にコメントをしてみませんか?


ライター│疲れていても笑顔になれる「へぇ!」をお届け│フォローすると内側から輝けます✨│若干の健康オタク│女性アイドルは生き甲斐♡│noteと同じ内容、または+@をこちらに書いています

おすすめの記事