メイン画像

川越市へお出かけ♪

川越市へお出かけ♪


2年以上ぶりの日本一時帰国ということで、
あちこちお出かけも楽しんでいます。

うちの実家はこの3月に東京に引っ越しまして、
関東はほとんど知らない私にとって、とても新鮮です。

先日は、埼玉県川越市に行ってきました。
金曜日でしたが、休みだというので妹といっしょにお出かけです。

川越市は「小江戸」と呼ばれているそうで、
昔の家屋が保存されているのですね。

地震も戦火も逃れて、伝統的建物が
生き延びたということなのでしょう。

メインの観光エリアは駅から少し離れていて、
川越駅から歩いて20分くらいでした。



昔ながらの建物を眺めながらぶらぶら散策。

あちこちに神社やお寺もあったので、
そこに立ち寄ってみたり。

なんだか、ものすごい種類のおみくじが売られていました。



その中に、かわいい鯛の形をしたおみくじがありまして、
思わず引いてしまいました(いっしょに行った妹が)。

一年安泰じゃなくて、「一年安鯛」


ピンク色の鯛もありました。



修学旅行か遠足でしょうか。
中学生、高校生っぽい制服が目立ちました。



お昼は、何を食べようかなー
とふらふらしていたんですが、
けっきょく、ピザ、笑。



おいしかったです。

ついでに、地ビールCoedoの生ビールもいただきました。
いろいろ種類があるようですが、生ビールは一種類しかなくて、

「毬花(まりはな)」というSession IPAでした。



量が物足らなったけど、味はおいしかったです。

そして、そのあと観光会館「蔵里」というところに行きまして、
そこにはききざけセクションというのがあったんですね。

それで、もちろん利き酒しました。

メダル制になっておりまして、
あらかじめ専用メダルを購入する必要があります。





こんなふうに、自動販売機が並んでいまして、
小さなおちょこサイズのカップに
六分目のお酒が1メダルで購入できます。

メダル4枚が500円で販売されていたので、
一つのお酒につき125円ということですね。

燗ができるセクションもあります。



私たちは、全部で12種類くらい試したと思います。
最後はいいかげん、ほろ酔いくらいになってきましたね。

利き酒セクションの横にギフトショップもあり、
そこでお土産を買って帰路につきました。

東京のどこから出かけるかにもよると思いますが、
私たちにとってはちょうどよい距離感でした。

日帰りのお出かけ日記でした♪


★音声でも配信しています。よければこちらもどうぞ(日本語と英語)
→I Went to Kawagoe in Saitama. 

アカウントを作成 して、もっと沢山の記事を読みませんか?


この記事が気に入ったら Mai@海外ノマド さんを応援しませんか?
メッセージを添えてチップを送ることができます。


この記事にコメントをしてみませんか?


海外在住フリーランスライター。カナダの森の中で暮らしています。イギリス人の夫とともに現役バックパッカーなので、海外旅行先からブログを書いたりもしています。

おすすめの記事