メイン画像

iPhoneの「ウォレット」にワクチン接種証明書を入れる方法

iPhoneの「ウォレット」にワクチン接種証明書を入れる方法


ワクチン接種証明書をiPhoneの「ウォレット」に入れておけば

スリープ状態から電源ボタン2度押しで

表示することができるようになります(1秒かからない)


QRコード付きワクチン接種証明書の表示は

・空港のチェックインカウンター
・海外渡航時の様々な場面
・レストラン等での割引

などの機会に必要になります。

特に海外渡航の予定がある人は、すぐ表示できる状態におくととても便利です。

入れといて損はないので今すぐ手元のスマホでやってみて下さい。

 

1.QRコード付きワクチン接種証明書のダウンロード(アプリ)

世界各国と同じように、日本でもようやくQRコード付き証明書の表示ができるアプリが開発されました。

それまでは紙の証明書しかなく、外国の税関で「QRコードついてないやんけ!アプリあるやろ!」とか言われ続けてきました 泣

デジタル庁のページ https://www.digital.go.jp/policies/vaccinecert/

上記サイトより公式アプリをダウンロードし、アプリの説明に従ってマイナンバーカードの情報などを入力します。

新型コロナワクチン接種証明書アプリ

入力した内容に従って国内用・海外用証明書が発行されます。

 

2.QRコードのスクショを撮る



ここがちょっと厄介なのですが、まずワクチン接種証明書QRコードの「SHC」を選び表示させます。



次にそのスクショを撮ります。

撮ったスクショを別の端末に送り、その画面上に表示させます。iPadでもパソコンでも、写真が表示できるものなら何でも良いです(無ければ印刷でも良い)。

次にスマホ1台で完結してくれよという心の声を押し殺しつつデフォルトアプリの「カメラ」を起動します。

そのQRコードをカメラの枠内に入れると、QRコードが認識され黄色い枠が出るのでそれをタップします。



するとこのような画面が表示されます


「”ウォレット”と”ヘルスケア”に追加」ボタンを押せば完了です。

 

3.ウォレットを確認する

電源ボタンを2度押しし、ウォレットを起動してみましょう。

このようにウォレットの中のSuicaやクレジットカードに交じって「ワクチン接種カード」が追加されているのが見つかると思います。

これで完了です。

海外渡航は本当にこれで助かる場面が多くあります。

日本国内でも「ワクチン接種証明持ってさえいたら割引が受けられたのに!」みたいな場面があるかと思います。やっておいて損はないです。


ぜひ手元のスマホでやってみて下さい。


ーーーーーーーーーー

この記事を書いた人

 

オカリナ講師のジャスティン
YouTube 
http://www.youtube.com/c/OcarinaWorksofJustin

✔︎トリプルオカリナ演奏動画
✔︎初心者~上級者向けオカリナレッスン
✔︎練習やる気が出るアイディア

Twitter https://twitter.com/Justin_ocarina
✔︎キーウィのGIFアニメ
✔︎大体毎日更新

ホームページ http://ocarina.cloud-line.com/
✔︎プロフィール
✔︎お問い合わせ

 

 

 

 

この記事がみなさんのお役に立つことを願っています。もしよろしければフォロー&高評価、記事のシェアをお願いします。


アカウントを作成 して、もっと沢山の記事を読みませんか?


この記事が気に入ったら オカリナ講師のジャスティン さんを応援しませんか?
メッセージを添えてサポートする事ができます。


この記事にコメントをしてみませんか?


音楽・イラスト・IT・マーケティング等幅広い分野の記事を書きます。プロフィールより固定記事をご覧ください。ジャスティンはYouTubeでオカリナ講師、Twitterではイラストレーターをやっている人です。

おすすめの記事