メイン画像

Why don’t we learn to look from a meta-view or a bird’s eye?

Why don’t we learn to look from a meta-view or a bird’s eye?


I find it essential to try to look at things from multiple perspectives.

Unfortunately, we tend to do only what we believe in at all costs. We thus can be blind to what we don’t want to consider or pay attention to. Moreover, we tend to think we are the exception—we are not blind—in this respect, so we don’t realize that.

We tend to “defend ourselves,” “be miffed when criticized,” sometimes “use provocative language,” and even “take pleasure in others’ misfortunes,”…. Instead of averting our eyes from differing opinions, however, it should be “starting from us” that we strive to understand other people’s viewpoints.

Only by letting go of our “obsession” and keeping our perspectives flexible should we be able to see things more aptly from multiple perspectives. And this way, persuading and motivating others would also become more accessible.

In short, we need to be able to swallow both the good and bad for ourselves in life. This is a reminder to myself also.

メタな視点、俯瞰的な視点からものを見る習慣を身につけよう

物事は多面的に見ようとする努力が不可欠と考えます。

残念ながら、人間は自分が信じているものだけを何が何でもやろうとしがちです。それで、考えたくないこと、考慮したくないことは見えなくなりがちで、しかも、その点に関し自分はそうではない、盲目的ではないと思っている節があって、そのこと自体に気づいていないことが多い。

誰しも「自分を守りたい」、「批判されるとムッとする」、時には「挑発的な言葉を使うこともある」し、極端な場合「他人の不幸を喜ぶことさえある」……というふうになりがちですよね。でも、自分とは異なる意見から目を背けるのではなくて、他者の視点を理解しようとすることを「まず自分の側から始めてみる」方がいいですね。

こだわりを捨て柔軟な視点を持つことで、これまでよりも適切で多面的な見方ができるようになる筈ですし、そうすれば、相手を説得し動かすことだって、もっと現実的なものになる筈です。

要するに、人生、清濁併せ呑む度量が必要かな、ということです。以上、自戒の念も込めて。

アカウントを作成 して、もっと沢山の記事を読みませんか?


この記事が気に入ったら 章太郎 さんを応援しませんか?
メッセージを添えてサポートする事ができます。


この記事にコメントをしてみませんか?


おすすめの記事