メイン画像

葬儀社の人との打ち合わせ その1 お棺を決める

葬儀社の人との打ち合わせ その1 お棺を決める


葬儀社の人との打ち合わせ その1 お棺を決める

大切な人が亡くなったばかりで、悲しみにくれていたいのに。
 
「喪主」になった人には、次から次へと決めなければならないことが待っています。
 
 
・葬儀をどこでするか?
 
・どんな形式にするか?
 
・日程は?
 
これらは最初に決めることですが、ここではちょっとおいといて。
 
 
とりあえず「遺体を○○に安置した」というところから話を進めていきますね。
 
遺体を安置した後、葬儀社のスタッフとの打ち合わせが待っています。
 
葬儀の基本料金とは別にかかるものばかり。
 
なので、喪主ひとりではなく金銭的な決定権を持っている人が参加するのが基本です。
 
 
お棺を決める
 
お棺とは故人を見送るときに最後に遺体を納める大切なもの。
 
そのお棺にも多種多様なランクがありました。
 
もう、びっくり!
 
 
お棺の大きさ・種類など
 
身長にあわせて、お棺の長さが
 
小さいものは170cm
 
標準なものは180cm
 
大きいものは195cm
 
 
お棺には
 
・木棺
・布棺・布貼棺
・エコ棺
・エンバー棺
 
お棺にもいろいろな種類がありますが
 
組み立て型」がお手頃な感じ。
 
 
いずれにしても打ち合わせの1~2時間の間に決めなければなりません。
 
悔いを残さずにお別れをするために値段だけでなく考えてと言われても・・・。
 
ほんの1~2日の間のこと。
 
ここでがんばらなくても・・・と思うのはケチなのでしょうか。

アカウントを作成 して、もっと沢山の記事を読みませんか?


この記事が気に入ったら ひろさっち さんを応援しませんか?
メッセージを添えてサポートする事ができます。


この記事にコメントをしてみませんか?


【終活・人生の最期を迎えるためのさまざまな準備】75歳になった団塊世代のおばあが、自分のために|ある日、喪主になることになった子どものために|「自分の後始末」について|TOPVIEWで綴っています|

おすすめの記事