メイン画像

【‶はじめて”のコンテンツ販売者に大好評】"超無名人"の教材が、販売初日で『50部』販売してしまった《音速セールス》

【‶はじめて”のコンテンツ販売者に大好評】"超無名人"の教材が、販売初日で『50部』販売してしまった《音速セールス》


おかげ様で、評価【オール5】いただいています。ありがとうございます。

 

マッチでも、売れてしまう。

 

雪の降る夜

みすぼらしい服を着て

寒さに震えながら

「マッチは、いかが」

「お願い、一本でもいいんです」

 

大丈夫。

 

マッチ、配らなくても

食っていけます。

 

『音速セールス』さえあれば。

 

深夜、2時を過ぎ

 

「売れなかったら、どうしよう...」

「誰にも読んでもらえなかったら...」

「あんなに時間をかけたのに...」

 

緊張と不安で

"眠れない夜"に襲われた。

 

私自身はじめての

Brain教材

「音速アフィリエイト」を

リリース。

 

蓋を開けてみると...

 

販売開始して20分

ハイペースで15部を完売。

 

リリース初日を終えて

合計販売数、50部。

 

販売の初速と

初日の販売部数の

数字だけをみると

 

どうせ

Twitterのフォロワー数も

10,000名以上いて

リストも

多数、抱えているでしょう。

 

って、思った方

残念。

 

"ハズレ"です。

 

リストは0名

「集客」してないので。

 

販売当時(2月はじめ)の

Twitterフォロワー数は

ギリギリ2,000名に満たない

ごく普通の弱小発信者。

 

1ツイートも

「いいね、2~3個」の

影響力のない私が

 

「販売初速」と「販売部数」を

どうやって伸ばしたのか?

 

その要になる

"琉球の魂(こころ)"と

販売方法

『音速セールス』について

今から

分かりやすく説明します。

 

自己紹介

自己紹介が、遅くなり

申し訳ありません。

 

「安室奈美恵さん」

「りゅうちぇるさん」

「具志堅用高さん」など

 

超有名人と

同じ出身地

沖縄生まれ、沖縄育ちの

アメクマです。

 

数多くある教材の中から

このBrainに

興味を持ってもらい

嬉しいです。

 

ありがとうございます。

(うれシ~サ~)

※時々、記事に「訛り」入ります。

 

「集客」「教育」に

時間をかけずに

「販売」できる方法が

分かる記事になっています。

 

これまでの

マーケティングの3原則

「集客・教育・販売」の常識を

ぶち壊しますので

心して聞いてください。

(ワサワサ~するさぁ)

 

"音速セールス"の要になる

『琉球の魂(こころ)』。

 

「琉球」とは

琉球王国の略で

昔、沖縄県は

ひとつに国でした。

 

この沖縄には

「助け合い」

「人と人を結ぶ」

という意味を持つ

 

「ゆいま~る精神」という

言葉があります。

 

戦前から沖縄にある文化で

お金もなく

人手も少ない時

 

お互いを

助け合いながら

生活を過ごした事に由来。

 

「温かい」

「優しい響き」

「親しみやすさ」

のある

「琉球の魂(こころ)」を

感じて下さい。

 

前回の商品リリースでは

この「ゆいま~る」

おかげで

 

【3月現在】

・販売開始20分で【15部完売】

・リリース初日【50部販売】

・81部販売

・評価【5】

・レビュー【23件】

実績の資料あり

 

の好成績を残しています。

 

前回のBrain商品

"音速アフィリエイト"では

 

「文章で、稼ぎたい」

「実績を上げられない」

「副業で何をしていいのか

迷っている」

 

このように

副業が上手くいかず

問題を抱えている方の

背中を押してあげたい。

 

そんな思いを込めた

商品になります。

 

約4ヵ月間の月日をかけ

仕上げた

家族や友人、会社の同僚に

自慢したい

私の傑作品です。

 

ネットビジネス界のテスラ降臨 『音速アフィリエイト』

 

商品を完成させるまで

約4ヵ月のあいだ

決して

サボっていた訳では

ありません。

 

朝、起きてから

1~2時間が

1日の中で

唯一、ひとりで

集中できる時間。

 

毎日の家事

休みは、子供の世話

週40時間の会社勤め。

 

この生活スタイルで

時間をやりくりしながら

記事を仕上げました。

 

はじめての

取り組みで

やる事一つ一つに

時間を取られました。

 

書いては、削除

読み返しては、訂正を繰り返す。

 

他者の商品と比べて

「まだまだ、劣っている」

「コレも伝えたい」

「あれが、足りてない」

 

はじめての経験に

肩に力が入っていました。

(そんな時も、あるさぁ~ね)

 

最終的に

プロのライターさんの

アドバイスも借りて

 

約4ヵ月かけて

16,000文字の

記事を完成させた。

 

しかし

ふぅ~と息をつく間もなく

次なる課題が

訪れます。

 

"恐怖の販売"

 

商品づくりに

没頭していたので

「集客活動」に

注ぐ時間が

ありませんでした。

 

何千名のリストを抱える

インフルエンサーなら

 

半日程度の時間で

商品を作成して

「出します」って

軽い告知で

 

ポンッと

リリースしても

バンバンと商品は

買われちゃう。

 

私のような

どこにでもいる

一般人が

ポンっと出した商品は

ネットの"ゴミ"同様。

 

Brainで販売されている

ライバル商品の

売れ行きを追うと...

 

リリースされ

時間が経っても

「販売部数が、ずっと同じ」

「評価やレビューが付かない」

 

販売者のツイートを

チェックしても

「○○部、売れています」など

売れている報告もない。

 

いい商品なら

紹介する人も

多いはずですが

そんなツイートも

見かけない。

 

このような

「動きが、止まっている商品」を

目のあたりにして

 

私も、同じようになるのか...

 

記事をリリースするのが

急に怖くなりました。

 

そんな時

助け合いを意味する

"ゆいま~る"による

『音速セールス』を

閃きました。

 

商品の売れ行きが激しい

販売開始から3日間で

私の商品を

「売れている商品」

にする計画です。

 

「売れている商品」と

「止まっている商品」が

目の前にある時

 

あなたは

どっちの商品を

「欲しい」と感じますか?

 

やっぱり

「売れている商品」でしょ。

 

 

「売れている商品」は

いずれ

「売れ"続ける"商品」にも

なりますからね。

 

 

つまり

「売れ"続ける"商品」にするには

 

販売開始して3日間で

「売れている商品」にする

必要があるって事。

 

じゃあ「売れている商品」

にするには?

知りたいですよね。

 

超無名人の

商品にも関わらず

 

・販売開始20分で【15部完売】

・販売初日【50部完売】

・レビュー【23件】【5つ星】

・3月現在【81部販売】

 

この実績を上げている方法を

これからお伝えします。

 

しっかり

メモやスクリーンショットして

活用してくださいね。

(上等、だぁだぁだぁ教えて)

 

『"集客"しなくても、あなたの商品、売れます』

「無料プレゼント」の

準備したけど...

 

「思ったより、人も集まらず」

肩を落としているなら

その作業を一度とめて

私に耳を貸してください。

 

大丈夫です。

 

別のやり方でも

商品は

買ってもらえます。

 

ビジネスで

成功するには

「リストを取れ」と

みんなが

口を揃えて言うから

マネてはみたけど

 

現実は

そんなに

甘くはない。

 

「無料プレゼント」を

配布すれば

一気に見込み客が

ドッと集まると

思ったのに...

 

反応し"ない"

集まら"ない"

盛り上がら"ない"

 

募るのは

"淋しさ"だけ。

 

時間をかけて

ヒトを

集めたとしても

 

さらに

時間をかけて

「信頼関係」深める。

 

そして

商品を販売をする。

 

ちょっと待って

このやり方で

"売れる"っていう保証は...ない!

 

「時間とエネルギーの

全てを注ぎ

集めた見込み客は

お金をバンバン

落としてくれます」

って、保証。

 

そんな保証

聞いたことない。

 

時間をかけた割に

利益も伸びなければ

「これまでの時間を返せ」

怒り心頭ですね。

(わかるけど、怒ったらダメよぉ)

 

 

1日に1~2時間の

作業時間で

 

ビジネスでの実績を

「早く上げたい」

「早く伸ばしたい」と

思っている私たちが

 

「集客」を

一から始めて

「販売」の段階に

辿り着くまでには

 

時間が

かかり過ぎて

ココロ、折れちゃいます。

 

ホントに集めたい

リストは

「あなたの商品が欲しい」

と言ってくる

"熱いファン"のはず。

 

ファンを増やすと

「稼げる」だけではなく

「稼ぎ"続ける"」ことも

できますからね。

 

アイドルの

コンサート会場や

プロ野球の試合会場の

グッツ売り場では

 

"熱烈なファン"で

人盛りが勝手にできる。

理想的な

ビジネススタイルは

コレですよね。

 

無料プレゼントの

配布も悪くはない。

 

しかし

あなたの有料教材にホレて

集まってくれた彼らに

 

特典として

その「無料プレゼント」を

配布するほうが

 

より"濃いファン"づくりに

なると思いません?

 

無料で集まったファン。

有料で集まったファン。

 

同じファンでも

後者の方が

 

付き合いの長いファンに

なってくれる可能性

高いですよね。

 

 

そもそも

なぜ、みんなは

「集客」するのか?

 

それは

「商品を買ってもらうため」ですね。

 

その知識として

"マーケティング"が

あります。

 

"マーケティング"を

簡単に説明すると

「モノが売れやすいように工夫する」

って意味です。

 

マーケティングとは

以下の3つの要素で

成り立っています。

 

・人を集める(リスト取り)

・顧客との信頼関係を築く

・商品、サービスを提供する

 

「集客」「教育」「販売」の

3つを行い

「安定的に収入を増やす」ことを

達成させるのが

マーケティングの基本。

 

マーケティング戦略として

Twitterでよく見かける

「無料プレゼントの企画」。

 

「固定ツイートで

無料コンテンツ配布中」と

Twitterの肩書きにして

発信を繰り返す。

 

これに

興味を持った方が

「プレゼント、欲しい」

と感じたら

 

「LINE登録」

「メルマガ登録」で

リストに加入してもらう。

 

この段階では

あなたの魅力を

認知させて

ヒトを集めただけ。

 

モノは売れません。

 

お互いの

信頼関係を深めるには

"接触する時間"が

必要だから。

 

間違っても

いきなり

商品を売りつけてはダメ。

 

LINEやメルマガでは

有料で販売されても

おかしくない

"本物"の情報を発信する。

 

そして

最終段階で

メインの商品を紹介。

 

教育の段階で

「信頼関係」が

深まっていれば

 

「無料なのに

タメになる情報を

たくさん教えてくれた」

 

「新しい気づきがあった」

 

「この人について行きたい」

 

ここまで

感情が動いていれば

理想的な

あなたの"熱烈ファン"。

 

「商品をください」と言われて

売りたい商品が

"バンバン"購入される。

 

高額な商品を売るなら

集客から時間をかけて

やる価値ありですね。

 

でも

「モノを買ってもらう」方法は、

他にもあります。

 

 

スーパーで

試食品を無料で配り

有料の商品を買ってもらう販売。

 

スタッフが

その場を通りがかる

お客様に対して

 

「どうぞ、試食だけでも」

「新商品ですよ」

「お子様の明日の弁当に

使えますよ」

 

販売スタッフが

ハキハキと元気な声と

ステキな笑顔で宣伝。

 

美味しそうなモノ

目新しいモノなら

誰でも

興味をもって

試食しちゃいますよね。

 

この段階では

まだ、買う気ゼロ。

 

...とある日の

試食品コーナーでの一場面。

 

販売スタッフ(マ)

「あれ、もしかしてカオリさんでは?

私、同級生のマリコよ。覚えてる?」

 

お客様(カ)

「あい、あのマリコさん。

覚えてるよ。久しぶりだねぇ」

 

スタッフ(マ)

「そうだねぇ。高校、卒業して

会ってないもんね」

 

お客様(カ)

「元気そうだね。

ここで働いているだぁ」

 

スタッフ(マ)

「そうなの。朝はココで。

夜はコンビニで」

 

お客様(カ)

「えっ、2つも仕事しているの?」

 

スタッフ(マ)

「今後、上のお姉ちゃんが大学受験で

お金、貯めないといけなくて」

 

お客様(カ)

「あらま、大変だね。

娘さん頑張ってほしいね」

 

スタッフ(マ)

「塾も通っているから

心配してないよ」

 

お客様(カ)

「じゃ、マリコさんも

頑張らないとだね」

 

スタッフ(マ)

「ありがとう」

 

お客様(カ)

「せっかくだから

コレ買っていい?」

 

スタッフ(マ)

「えっ、買ってくれるの?

助かる、ありがとうカオリさん」

 

お客様(カ)

「また、買いに来ますね。バイバイ」

 

 

突然「試食品コーナー」の

コント始まりましたけど

 

お客様(カオリ)

商品、買いましたね。

 

スタッフ(マリコ)は

決して

「買って下さい」とは

言ってないのに。

 

販売スタッフ(マリコ)の

事情を知ったカオリは

「応援したい」

「何かしてあげたい」と

心が動いたんですね。

 

似たような感じで

誰からか、商品を買った経験

あなたにもあるでしょ。

 

マーケティングの

セオリーに従って

「集客・教育」に

時間をかけなくても

「販売」は可能。

 

「商品を買ってもらう方法」は

ひとつではないです。

 

『音速セールス』では

誰かのチカラを借りる

"ゆいま~る精神"で

商品を販売する方法です。

 

「集客」も上手くいかず

「商品」も売れていない

今のあなたを

救うことのできるが

『音速セールス』。

 

"ゆいま~る"で

販売すれば

集客しなくても

商品は、買ってもらえますよ。

(いっぺい上等さぁ~)

 

 

"ゆいま~る"を使うには、「ヒトが”気になる”商品」にする

"ゆいま~る"とは

「ヒトのチカラを借りる」

って意味でしたね。

 

今回の『音速セールス』で

ヒトのチカラを借りるには

たった一つ

条件があります。

 

それは

あなたの商品を

「ヒトが"気になる"商品」に

する必要が、あります。

 

ここ重要なので

もう一度言います。

「ヒトが"気になる"商品」にする。

 

「ヒトが"気になる"商品」とは

見た瞬間

思わず手に取りたくなる商品。

 

あなたの信用・信頼性が

その後も

高まる商品。

 

・ウソ、偽りの内容

・誰かの記事をコピー

・問題を解決できない

・内容の質と価格との、割が合わない

・自分の経験で得たモノではない

 

「誰でも、楽して、カンタンに」と

キャッチコピーを使い

商品を販売しても

 

"内容が空っぽ"の商品では

信頼は、得られません。

 

これだけは

ホントに

気を付けて下さいね。

 

では

具体的に

「ヒトが"気になる"商品」の

つくり方を教えます。

 

この5つのポイントを

抑えておけば

間違いないです。

 

①表紙

②レター

③数字の根拠

④仕掛け

⑤ライティング

 

ここでは

5つのうちの

商品の"顔"にあたる

「①表紙」について

説明します。

 

残りの4つは

購入者特典として

差し上げますので

ご期待ください。

 

①表紙(サムネイル)

商品の顔になる表紙は

プロに作成してもらう方が

ベスト。

 

無料ツールを使い

自分でも作成できますが

未経験だと

時間、取られます。

 

Brainのサイトで

上位にある商品の表紙と

あなたが

手作りした表紙を

見比べて下さい。

 

違和感を感じるなら

やめた方が無難です。

 

あなたの手作りした画像

下記に該当していないですか?

 

(安っぽく見える画像の特徴)

・背景のカラーが原色

・文字書体がワンパターン

・派手さがない

 

無料でできる

メリットも

ありますけど

 

ライバルの商品と比べると

満足できず

何度もやり直す羽目に。

 

「お金」の代わりに

「時間」を失います。

 

「集客作業」を省き

その浮かせた時間で

記事作成に集中することを

決めたのに

 

表紙に時間を

取られたら

本末転倒では?

 

購入者の目線で

画像、作成してください。

 

また、画像と同じく

大切なのが

タイトル。

 

せっかく

ココロを込めて

書いたレターも

タイトルが悪いと

誰にも読まれません。

 

偽りのない範囲で

「ヒトの気を惹く」

タイトルを探って下さい。

 

タイトルを考える時の

ヒントとして

 

街にある本屋さんの

気になる本棚コーナー。

 

その本棚の前に

立っている状況を

思い浮かべて欲しいですけど

 

バァーと本棚を見渡した時

ナニが目に入りますか?

 

表紙では?

 

はじめに本の中身を

覗く人は、いません。

 

はじめから

買う本が

決まっている方を

除くと

 

99.9%

間違いなく

表紙とタイトルから

気になる本を手にします。

 

より際立つモノだと

買うつもりない本だけど

ついつい

ページを開いてしまう事も。

 

タイトルに関しては

少しライティングスキルも

必要になりますが

 

とにかく"差別化"を

意識しましょう。

 

Amazonで販売される

Kindle本の

表紙を変えた途端

 

中身の内容は同じなのに

バーンと売り上げが

伸びることも

しばしば、起こります。

 

表紙作成は

慣れているプロに

任せたことを

オススメします。

 

前回の私の表紙は

みっつさん

 

今回は

ゆづるさん

に依頼しました。

 

残り4つも

知っているか

知らないかで

商品の「魅力」に

差がつきます。

 

特典では

具体的な実例を

交えて

説明していますので

すぐに実用して下さい。

 

ネット検索する

手間も省けて

忙しく、時間のない方を

手助けできる特典になります。

 

楽しみにして下さいね。

(すぐ使えるなら、上等さぁ~)

 

【メリット・デメリット】ただ、問題がひとつあります

「ヒトが"気になる"商品」の

方法を知れば

あとは、モノを作るだけ。

 

販売者としては

「売れるか」が

一番の恐怖。

 

販売開始後

「しーーーーーーーん」

誰も反応してくれない。

ポチ、ポチっと

2、3部は売れるけど

思い描いていた

「バコバコ売れる」とは

かけ離れた、売れ行き。

 

丹精を込めて

作成した作品が

こんな売れ方だと

「惨め」ですよね。

 

大丈夫です。

私も同じ

「恐怖」を感じました。

 

でも

この恐怖を

味わえるのは

「販売者」のみの特権。

 

ライバルの

販売者も

この「恐怖」を

何度も経験しています。

 

ただ一点、ここで問題があります。

 

 

それは

 

「商品を売りさばく

チカラを備えていない」

私たちが

 

"販売"に

勢いをつけるには

避けられない

「デメリット」です。

 

【デメリット】

「販売部数」か

「売り上げ」か

販売目的を

どちらかに絞る

必要があります。

《二兎追う者は一兎をも得ず》

 

"販売"に勢いをつけるため

「販売部数を増やす」を

私は、選択しました。

 

「販売部数を増やす」なら

価格を落とす分

売り上げは

思ったほど

増えません。

 

ある程度

部数が売れるまで

価格を上げることを

辛抱しないと

イケませんから。

 

ただ

販売部数が

伸びてくると

「売れている商品」に

見られるので

 

段階的に

価格を上げていく事で

売り上げも伸ばせます。

 

「0→1」の実績を

あげるのが

副業初心者にとって

もっとも難しい壁と

言われます。

 

これを踏まえ

「売れている商品」の

具体的な”実績”として

2点を挙げます。

 

①レビューが、5件以上ある

②購入部数は、50部以上ある

 

Brain販売者の

プロフィールページを

チェックすると

分かります。

 

複数の商品を

持っているけど

どれも「レビューが0件」。

 

コレをみて

買いたいと感じますか?

 

信用できないですよね。

 

レビューは

"商品価値"を高めてくれる

必須アイテムですから。

(だからと言って

"レビュー"を買っては

イケないよ~わかるよねぇ)

 

 

「販売部数、50部完売」

の実績を

Twitterのプロフィールに

載せると

 

初心者感も取れて

"映え"ますよね。

 

価格が100円でも

商品の魅せ方

セールス技術を

知らないと

 

50部販売するのは

結構、難しいと感じます。

 

Brainサイトで

ズラっと並んでいる商品の

売れ行きを追っていると

理解できます。

 

「売れている商品」とは

 

①レビューが、5件以上ある

②購入部数は、50部以上ある

 

と、捉えて構いません。

 

50部販売できれば

5件程度の

レビューも

書いてくれますからね。

 

 

ですので

「売り上げ」を意識して

価格を上げてしまうと

 

大切なあなたの商品が

「売れていない商品」に

なるかもしれません。

 

影響力があるなら

数千円から売り始めても

販売部数は

増えると思うですけど

 

"超無名人"が

同じように

数千円から売り始めて

買ってもらえますかね?

 

それよりも

「販売部数を増やす」ことで

多くの方に

"あなた"を知ってもらえる

チャンスにしましょう。

 

結果的に

このデメリットも

今後の活動につながる

大きなメリットに変わります。

 

 

「売り上げ」を

ある程度、犠牲にできる

覚悟があるなら

 

あなたの抱えた

「セールスの恐怖」を

解決します。

 

ちなみ

「音速アフィリエイト」の

売り上げ実績は

19,611円です。

(詳細は、有料部分で)

 

【メリット】

デメリットを

受け入れる代わりに

『音速セールス』の

メリットは、豊富です。

 

このメリットを

一言で表すと

『限られた時間を有効に使える』

 

(メリット)

①「無料プレゼント」の企画をしなくて良い

②商品づくりに集中できる

「売れない恐怖」から解放される

④Twitteの発信軸が、ブレなくなる

実績を掲げられる

⑥「初心者」の肩書きから、解放

⑦Twitterの「フォロワー数」増やし、不要

⑧「はじめて」の方に、教える立場になれる

⑨次に、チャンレンジしたくなる

⑩応援しあえる”ビジネス仲間”ができる

 

これらのメリットは

はじめてセールスを

経験をした

私の"気づき"です。

 

「今、最も重要なことに

自分のやりたい事に

時間を使えるようにする」

 

本業を抱えながら

家事や

子供の世話も

しながら

副業も本気でする。

 

と、なると

自由に使える時間が

どうしても

限られてしまう。

 

「時間がない」を

言い訳にして

何もしないのは

"逃げ"だと考えています。

 

自分でできない事は

ヒトに頼る。

 

これは

リアルな社会も

ネットの中の

ビジネスも同じ。

 

ない時間を増やすには

誰かに対価を払って

「時間を買う」。

 

表紙を発注。

 

商品づくりについて

アドバイスしてもらう。

 

販売経験者の話を聞く。

これらに

対価を払い

「時間を買う」。

 

この思考がないと

スピード感のある

ネットビジネスの世界では

生き残れません。

 

"ゆいま~る"の最大の特徴が...

あなたの商品の「認知」を助ける事。

商品は

市場に出して

終わりではない。

 

あなたが

望んでいたのは

あなたの商品を

必要な方に届けること

だったはず。

 

売ることをリリース後は

諦めている方が

目にします。

 

売り出した商品を

「売れている商品」に変えるには

 

①商品が認知される

②問題を解決できる

③信用・信頼される商品になる

④他者がおススメする

⑤商品が売れ続ける

 

あなたの商品が

市場のニーズに

寄り添ったものなら

 

「商品の認知」を

助けてもらうことで

「売れている商品」の

流れに乗ります。

 

今回、紹介する

"ゆいま~る"の

最大の特徴が

あなたの商品の

「認知」を助ける事。

 

今、コレを読んでいる中に

商品を販売している方も

いると思いますが

 

あなたの商品に

今の販売実績が

「そぐわない」と感じるなら

『音速セールス』を

試してみる価値

ありませんか?

 

ここだけの話

今回のセールス方法を

やっている人を

 

私のリサーチでは

見かけません。

 

恐らく

「知らない」か

「めんどくさい」か。

 

「知らない」のは

情報を収集する行動が

足りていないだけ。

 

「めんどくさい」は

言葉の通り

誰もやっていない事を

一からやる事が

めんどくさいだけ。

 

何度も言うように

ホント

"超無名人"なので

 

商品を出しても

バコバコ売れることは

絶対にないと

自覚していたので

 

ヒトがやっていない事を

「やるしか」なかったです。

 

ヒトが

「めんどくさい」と

感じている事を。

 

結果的に

コレが功を奏して

新しい形の

「セールス方法」を

商品化できたのです。

(超、すごいさぁ~)

 

「商品、売れないかも」を解決するための価格は?

この商品の

販売価格ですが

 

「商品、売れないかも」

 

不安と悩みで

眠れない夜を過ごしている

あなたに

 

気持ちのいい

朝の目覚めを

迎えてもらえるように

 

お手頃な価格で

提供させていただきます。

 

最終的には、2,980円で販売。

 

100円の教材を

30部販売して3,000円。

 

500円なら

30部販売で15,000円。

 

『音速セールス』を

購入して販売。

 

マッハで

教材費の回収

できちゃいますね。

 

500円から販売スタートして

販売部数に応じて

徐々に値上げします。

 

「ヒトを集められない」

「商品の良さを

知ってもらえない」

「誰にも買ってもらえない」

 

そんな

「セールスの恐怖」を

この価格で

解決できる。

 

ホントお得。

 

集客や教育にかける

時間を節約して

「商品づくり」に

集中しましょう。

 

ビジネスを成功するには『スピードが"命"』

私を含め

ビジネスに不慣れな人の

共通点は

「スピードが遅い」。

 

なぜなら

すべて

自分でやろうとして

「何をやっていいのか?」

"迷い"を起こすから。

 

『音速セールス』なら

"迷い"がなくなり

作業もサクサクッと

できちゃう。

 

あなたの商品が

リリースされると...

販売開始して数分で

ドミノが倒れるかように

ダァダァダーと

商品は売れていく。

 

商品を売るなんて

はじめてなのに

あなたの商品は

買われてしまう。

 

この方法を

知っているだけでは

何も変わりません。

 

実際に

私と同じように

手を動かしてください。

 

それで

ダメなら

全額返金にも

速やかに応じます。

 

今回の『音速セールス』は

商品を売るには

「リストを集めるべき」

のような

定番の販売手段とは

異なります。

 

ですが

販売開始から

バンバン売れてしまう。

 

商品リリース初日で

50部も販売できちゃう。

 

さらに

『音速セールス』は

販売開始3日間を過ぎても

 

販売部数を

伸ばせる効果がある事を

確認済み。

(詳細は、有料部分で)

 

【特典("嬉しい"プレゼントあり)】

《特典1》

『「ヒトが"気になる"商品」にする

5つのポイント』

(無料記事の続編)

①表紙

②レター

③数字の根拠

④仕掛け

⑤ライティング

 

《特典2》

『"ついつい読んでしまう"文章のコツ』

「ライティング」を

学んだ事のない方でも

簡単に記事が書ける。

 

「読みやすい文章」を

書くときに知っておきたい

7つのチェックポイント。

 

《特典3》

『TwitterでBrainの成約率を上げる方法』

※前回のBrain「音速アフェリエイト」と同じ特典

※未購入者もOK

※先着10名限定

この特典は

ここまで読んでくれた方

希望者(限定数あり)に差し上げます。

感謝の気持ちです。

アメクマTwitterのDMに

「無料特典3」と連絡ください。

 

《特典4》

『購入者限定オープンチャット案内(希望者)』

今回の教材についての相談

セールスのサポートします。

※高額の教材を売り込むことは

一切ありません。

 

《特典5》

『個別アフターサポートあり(希望者)』

必要に応じて、個別相談も可能。

 

 

モニター様の声)

りょうさん

 

かおりんさん

「販売なんて、した事ない」

「自分の商品、売れたことない」

「売れるか?が

コワくて商品を出せない」

 

と悩んでいる

"超無名人"だからこそ

使えるのが

『音速セールス』です。

 

「ヒトが"気になる"商品」を

サクサクッと作り

 

あなたの商品で

たくさんの方を

救ってあげましょう。

 

「○○部数完売」

「レビュー数○○件」

「評価【5】」

「今月の報酬額○○万円」

「人気ランキング〇位」

など

 

数々の実績が

あなたの

「看板」になります。

 

この実績が

新たな実績を生み出すので

収入もバンバン増えます。

 

あなたを

頼りにするファンや

応援するファンが

あなたの周りに

続々と集まってきます。

 

まるで

"BIG BOSS"になったような

ウキウキ気分ですね。

(野球のキャンプで

沖縄に来ていたねぇ)

 

誰も知らない

やっていない

"音速セールス"で

ライバルに『差別化』しませんか?

 

 

 

この続きを見るには

この続き:13778文字 / 画像:5枚

【‶はじめて”のコンテンツ販売者に大好評】"超無名人"の教材が、販売初日で『50部』販売してしまった《音速セールス》
アメクマ@さりげなく10万円越え“音速”ライター アメクマ@さりげなく10万円越え“音速”ライター
¥980

購入するには ログイン または 会員登録 をしてください。


アカウントを作成 して、もっと沢山の記事を読みませんか?


この記事が気に入ったら アメクマ@さりげなく10万円越え“音速”ライター さんを応援しませんか?
メッセージを添えてサポートする事ができます。


この記事にコメントをしてみませんか?


【副収入10万円突破】Brain販売数114部(音速アフィリエイト83部・音速セールス31部)リストなしで新作の商品、初日”50部完売”|Brainアフィリ▶︎7ヶ月で11.8万円|毎日音声発信 stand.fm/cha |副業人生を変えたのは"チート" でした▶︎brmk.io/yDPX

おすすめの記事