メイン画像

あなたは略爆されましたか?part3

あなたは略爆されましたか?part3




この後は起こり浮くべきことだったのでしょう。

お互いの時間をそれぞれに、微妙にずらして

帰っていく。



T氏もほんのり気が付いていたでしょう。

それで来る、曜日を自ら変えたのですから。

とても現実を知りたくはなかったのでしょうね。

私もその事については聞かれるまでは

黙っておこうと思っていました。



がっー出ました。

どうしても自慢したくなる人。

黙っていれば何も起きずに終わったでしょう。

それがイチャイチャ度が増すたびに

みせびらかしたい欲に囚われたのでしょう。

私が何も言わないでいるのを鈍感とでも

思ってたのかしら?


ある日M男奥さん「ママ~今日はG男君と二人なの!」

こゆき「あら、珍しいわね」
心の声は「とうとう出たか~!」

G男登場、しかし出た言葉

「他のメンバーが集まらなくて💦」

M奥さん「最初から読んでないじない!」

G男「何を言ってるんだよ、俺は読んだよ!」

痴話げんかがはじまりました。

こゆき「ちょっと落ち着きなさいよ。ケンカしに来たの?」

二人の考えはG男→浮気したけどばれたくない
(そうですよねリスクが大きい)
・会社にはいずらくなる
・ばれたら婚約破棄になる
・G男のつながりは婚約者の友人も多い

M男奥さん→こんなにも若い彼氏ができたので自慢したい
(もう周りがみえていない)
・自分が今が楽しい
・G男の彼女より上だと思っている
・旦那のことは下男だと思っている


私はどちらの見方をするわけではない。

こゆき「今日のことは誰にも言わないし帰りなさいよ。」

M男奥さん「なんで~せっかく来たのに!」

さすがにG男「すみません。そうですね帰ります」

M奥さん「G男君、最近冷たい」

G男「俺は帰るから」

と店を出ていきました。

それをおいかけるM男奥さん。

しばらく、お店にはどうか来ませんように祈る私。


そして次の日の事でした。

T氏がお見えになりました。


T氏一言ためをつき「2人に連絡が取れない」

こゆき「えっ、会社は?」

無断欠勤だそうだ。


続きはpart4お楽しみに!

アカウントを作成 して、もっと沢山の記事を読みませんか?


この記事が気に入ったら こゆき さんを応援しませんか?
メッセージを添えてサポートする事ができます。


この記事にコメントをしてみませんか?