メイン画像

【Webライター始め方】月30万円ライターが暴露 。1本100円からのスタート!!

【Webライター始め方】月30万円ライターが暴露 。1本100円からのスタート!!


「Webライターの始め方がわからない」
「Webライターを始める前に参考とすべき人を知りたい」
「Webライターの成功体験よりも、実践者の声を知りたい」

そんな人に読んでもらいたい記事です。

私は、適応障害で会社を辞めてから、
Webライターになりました。


私も、2~3年目の新人Webライターです。

生活できるお金は稼いでいますが、
他のWebライターと変わらないです。

Twitterには

  • 「初心者なのに、1~3円の案件が取れた!」
  • 「月20万円は、難しくない」

といった人もいて「ホントに稼げているのか」と感じませんか?

なぜなら、ほとんど人は稼いだ証拠を見せていないからです。
疑ってしまうキモチも分かります。

クライアントさんから仕事をもらえて、
最初から月20万以上を稼げた人もいると思いますが、

マネできる人は、1%ぐらいです。

ここでは、わたしがWebライターとして携ってきた案件や
クライアントさんなどの体験談を紹介します。

「ポンコツでも稼げるから、私もできるかも‼」

と感じてくれたら、うれしい(笑)

初心者時代の私に向けて書くので
Webライターの初心者におすすめですよ。

稼げるまでの道のりはこちら
WEBライターは落ちこぼれにおすすめ 稼げるまでの過去とは?

Webライターの始め方を知っても、稼げない?

驚く顔をした猫
「Webライターの始め方を知りたい人」に、言っておきますね。
Webライターは、実績がないと案件を取れません。

取れても低単価だから割に合わないです。

本業・副業Webライターにかかわらず、
以下のようなステップを踏んでください。


【Webライターの始め方まとめ】
ステップ1:クラウドソーシングサービスの登録or直案件に応募
ステップ2:クライアントさんから、仕事を受注する        
ステップ3:クライアントさんの期待に応えて、単価を上げる

※実績のない人はTOPVIEWで記事を書きましょう。

 
キーワードが決めらない人は、キーワードプランナーで、
検索ボリュームが100~1,000のキーワードを選んでください。

Webライターの仕事は、日本語が書ければ始められます。
クラウドソーシングサイトを利用すれば、ネット上で仕事を受注できます。

Webライターの案件は、1文字0.3~1文字20円とピンキリです。

例えば、1文字1円の案件を受けた場合、同じ単価で10記事を書いて、
11記事目から単価の交渉をします。

私のプロフィールはこちら
WEBライターは落ちこぼれにおすすめ 稼げるまでの過去とは?

【年数別】私の執筆した案件

私のアバター

Webライターを始めたとき、私はWebライターを「ウ」の字も知りませんでした。

職業訓練校の先輩が「仕事が見つからなかったら、クラウドソーシングで稼げばいい」と教えてくれたのを思い出して、利用してみました。

はじめは、稼いでいる人のプロフィールをマネして
1文字0.5円の案件に応募しましたが、不採用。


仕事をもらえなかった理由は、以下のとおり

【Webライターの案件が取れなかった理由】
1:ポートフォリオがない(実績がない)
2:提案文の書き方を知らない
3:自分の得意ジャンルが分からない
4:興味のある案件に、応募していた

初心者時代の私は「エンジニア」の経験があり、IT系の案件へ応募していました。
エンジニア系の記事は、実務経験3年以上が必要です。

経験の浅い私は、エンジニア系の記事は書けませんでした。
代わりに受注できたのは「WIFIルーターの記事」です。

テーマは、auルーターの記事でした。
  • 1記事3000文字×5本、1文字0.1円の案件。
    1本あたり100円。
クラウドソーシングサービスの手数料(20%)で私の手取りは、400円です。
1本3時間もかけたので、割に合わないですね。

仕事を振ってくれたクライアントさんには、感謝しています。案件をもらえなければ
、わたしは、Webライターを辞めていました。


Webライター初心者(1年目)

Webライターの初心者時代は、このよなジャンル・単価で書いていました。

「エンタメ系」
・文字単価:0.5円
・文字数:3,000文字
・納品ペース:週5本

「WIFI」
・文字単価:0.1円
・文字数:3000文字
・納品ペース:週1本

大量受注をしたので、月100,000円の収入です。

「結構、稼げているじゃん」と感じた人もいるでしょう。しかし※DeNAのWELQ事件で、執筆中のメディアは潰れました。

※WELQ事件

DeNAの医療系メディアで起きた問題。Webライターを低単価で雇って「肩こりは、幽霊のせい」など、間違ったコピペ記事を量産。多くのオウンドメディア・キュレーションメディアが、閉鎖しました。

WELQ事件の影響で、わたしの収入が月10万円から1万円まで下がります。



Webライター中級者(1年~2年目)

Webライター中級者になると、このような仕事を受注していました。


「仮想通貨メディア」
・単価:1円~1.3円
・文字数:3,000文字~5000文字
・納品ペース:週3本

「ふるさと納税メディア」
・文字単価:1円
・文字数:3,000文字~7,000文字
・納品ペース:週1本

「AIメディア」
・単価:1.5~2円
・文字数:1,000文字~2,000文字
・納品ペース:週1

2年目になると、1文字1円以上の案件を受注できました
仮想通貨メディアでは、月50本以上の案件を獲得。

月20万円以上になり、Webライターとしての自信も付きました

Webライター上級者(3年目~現在)

Webライター上級者になり、こんな仕事もしています。

「ブライダルメディア」
・単価:2円~5円
・文字数:3000文字~5000文字
・納品ペース:週1本

「ふるさと納税メディア」
・単価:2円
・文字数:3000文字~5000文字
・納品ペース:週1本

「クレジットカードメディア」
・単価:2円
・文字数:3000文字~7,000文字
・納品ペース:週1

Webライター3年目は、1文字2円まで単価が上がりました。
直案件を増やしたり、Googleの1ページ目に表示された記事が
あったからです。

収入も多いときは、30万円ほどになりました。

それでも、1年目に受注した仮想通貨記事は、続けていました。

理由は、単発の仕事しか受注できなかったからです。


仕事がクビになった私が、月30万円も稼げてビックリしました。

Webライターの始め方 私が上手く稼げた2つの理由

喜ぶ女性の写真
Webライターで稼げたのは、2つの運の良さもあります。

大量発注してくれたクライアントさんがいた

私が上手く稼げたい理由は、大量発注してくれたクライアントさんのおかげです。
Webライターのスキルがない私へ、案件をくれました。

文章力がある人でも、クライアントさんがいなければ稼げません。

クライアントさんのフィードバックがあった

私がWebライターとして稼げたのは、
クライアントさんのフィードバックのおかげです。


例えば

「です。です。です。
 ます。ます。ますをするな」

「●●のことです。
 みたいな書き方をするな」

「3行に1回は、改行した方がいい」

というフィードバックを受けていました。
その結果、
質の良い記事が書けて、高単価の案件獲得につながったと思います。

Webライターの始め方 やっておけばよかった5つのこと


過去の自分を思い出して

「これをしていれば、稼げたのに」と感じることがあります。

ここでは、やっておけば良かった5つのことを紹介します。
Webライターの初心者さんは、同じ失敗をしないでください。

低単価の案件を、断れなかった

私は、単発の仕事しかもらえず低単価な仕事を続けていました。

単価が安いのに、全力でリサーチ&執筆していたので
記事作成のスピードも遅かったです。


ひどいときは、1本100円の時代も(´;ω;`)
ブラック案件に出会ったら、断る勇気も必要です。


ポモドーロを極めるべきだった

ポモドーロを極めるべきでした。

ポモドーロは、

  • 25分作業して、5分休む。
  • 2時間ごとに30分間の休む

を繰り返すだけで、効率よく作業できます。

ポモドーロを極めていれば、
執筆スピードは上がり、
時給も増えたはず。


Webライターは、文字数が多いと稼ぎやすく
実践してほしいテクニックです。


営業に力を入れるべきだった

営業に力を入れた方が良いです。

クラウドソーシングで稼げてしまい
営業がめんどくさいと思っていました。

直案件の営業を増やせば、
月50万以上は、稼げていたからです。


Webライターの勉強をすればよかった

Webライターの勉強すれば良かったです。

SEOや文章術の書籍を立ち読みはしても
買ったことはありません。

セールスライティングの勉強をすべきだった

私は、セールスライティングの勉強をしていません。

セールスライティングは、クライアントの利益に貢献できて
※1件20万以上の案件も多いです。

月50~100万円を目指したい
初心者さんは、
セールスライティングを学びましょう。

ただし、セールスライティング系は、
情報商材のLP案件(ランディングページ)もあります。

受注前に、案件の情報を調べてください。

Webライターの始め方 仕事をもらう3つの方法


前半から読んでいる人は

「稼げている人だから、苦労しなかったでしょう」

と感じるかもしれませんが、
順風満帆なWebライター人生でもありません。


クラウドソーシングで提案しても、クライアントさんに断られたり
FX系のLP案件では、10回以上の修正依頼もありました。

そんな経験をして、仕事を受注する「ある方法」を見つけます。

ここでは、Webライターの仕事を受注する3つの方法を紹介します。



Webライターの仕事を受注する方法1:SNSを駆使した営業をする

営業では、SNSを利用してください。
私が利用したSNSは、こちらです。

【Webライターの仕事を探したビジネス系SNS】
・ウォンテットリー(1文字5円獲得)
・Linkedln
・Facebook(ライターグループ有)
・Twitter(1文字2円獲得)
・複業クラウド(元:anotherworks.)
・CODEAL


オリジナルのテンプレートを作成

クライアントへの提案文は、オリジナルのテンプレートを使いましょう。
ただし、テンプレートの使い回しはNGです。

例えば、転職系の案件に応募するなら
法律系の実績を提案しても不採用です。

クライアントさんは、転職記事の実績がある人を探しています。
別ジャンルの実績を提案しても、良いPRになりません。

応募したいジャンルの実績がない人は、TOPVIEWで、案件に近い記事を書いてください。

例えば、転職系の案件に応募する場合は
  • 「転職エージェント おすすめ」で記事を作成
  •  ポートフォリオ(作品集)を作り、クライアントに提出
という流れになります。


提案文の作り方が分からない人は
「1億円セールスライター直伝‼提案文に盛り込む内容
を参考にしてください。

【1億円セールスライター直伝‼提案文に盛り込む内容】
■職歴・記事作成歴
■学歴・資格
■得意ジャンル
■実績(検索順位など)
■1日の作業時間
■連絡頻度
■電話・対面での打ち合わせ有無

添削済みの提案文は、以下のとおり。

はじめまして
Webライターとして活躍している「名前を入力」といいます。

今回「案件名」に、応募させていただきたくメッセージしました。「案件名」ということで、●●●での執筆経験が活かせると思い、応募させていただきました。

文字数は2000文字以上ということなので、企画、見出し、執筆込みで1~2時間で作成できます。
「ジャンル名」で、1ページ目に表示させた実績もあるため、SEOライターとしても貢献します。

電話、スカイプ、ZOOMでの打ち合わせも可能です。
これからも、よろしくお願いします。

ほかにも、このようなPRはどうでしょうか?

「1時間で2000文字の執筆ができますので、大量受注できます。」
2,000文字であれば、記事を書きまくれば1時間で作成できます。

実績がない人は、2,000文字以上の記事をTOPVIEWで書きましょう
できれば、執筆するキーワード、読んでほしい人(トンマナ)を考えてください。

「そんなの難しいから、できるわけない」と思っている人は、
先輩Webライターさんを参考にしてください。

私も、佐藤誠一さんのYouTubeと名もなきさんのブログは、チェックしています。

【参考にしてほしいWebライター】
佐藤誠一さん
・元保険の営業マンで、18社との契約実績あり 
 検索1位のキーワードは、100記事以上


たなざわさん
・元事務員からブログ運営&Webライター講師

とっとこランサーさん
・高単価案件の探し方がうまい 
 現在は、会社経営者&Weライター講師


愛Tさん
・TwitterでやりとりをしたWebライター 
 2時間で月30万を稼ぐ副業Webライター&エンジニア


名もなきライターさん(藤田幸子)
・元エンジニアさんで、朝3時から執筆 
 月100万以上稼ぐスーパーWebライター

藤原将さん 
・月100万オーバーの会社経営者兼Webライター


誤字脱字チェックを、欠かせない

記事の執筆後は、誤字脱字チェックをしましょう。Webライターの初心者時代は「誤字脱字に、気を付けてください」と言われて、ショックでした・・・・・

いまでも誤字脱字はありますが、ある方法で改善しました。

それは・・・・・

「書いた記事を、寝かせること」

執筆した日よりも、冷静にチェックできて誤字脱字を見つけやすいです。
納期が短いときは、校正ツールを使ってください。

1:プレリリース校正ツール
2:文章校正ツール - so-zou.jp
3:文賢

※1・2は、無料で利用できます。3は、初期費用:11,880円(税込)1ライセンス月額2,178円が必要です。


Webライター 始め方 お金の時間

1万円札の写真
Webライターは、個人事業主(フリーランス)です。サラリーマン以上にお金のことを知らなければいめません。ここからは、Webライターの相場と確定申告について説明します。


Webライターの相場


Webライターの相場は、1文字0.5円~2円程度です。
低単価だと、1文字0.1円~0.3円の奴隷案件もあります。

とっとこランサーさんの場合は、1文字30円の案件を受けていた
ブログに書いていました。

セールスライティングの世界では、1本40万円~50万円という案件もあります。

私の平均文字単価である1文字2円~3円は、1年以上の執筆経験があれば、受注可能です。
昨日も、1文字5,000文字×2円=10,000円の案件を2時間でこなしました。

転職を繰り返していた私が、Webライターで時給5,000円も稼げました。

スキルがなくても、家庭教師やキャバクラレベルの時給
を稼げるのは、Webライターぐらいです。プログラマーやWebデザイナーも稼げますが、高いスキルを求められます。


Webライターの確定申告

Webライターの確定申告は、以下のとおり。


【Webライターの確定申告の仕方】
ステップ1:売上を計算する
クラウドソーシングであれば、売上データ・手数料なども分かります。直案件の場合は、支払調書(サラリーマンでいう源泉徴収票)が送付されます。

ステップ2:経費を計算する
収入を調べたら、経費の計算をしましょう。うまく経費を使えば、支払う税金(節税)を減らせます。

【例:経費の例】
家賃
書籍代
電気代
インターネット代
携帯代
コーヒー代(カフェで作業/打ち合わせ含む)
レンタルオフィスの利用料(月1万円前後)
仕事で使う家具代(オフィスチェア/テーブル)
旅行料金(ホテルで作業した場合など)

※家賃、電気代、インターネットネット代、

併用している場合は、案分(仕事で利用した割合を計算する)をしてください。

【経費にできないもの】
プライベートの食事
プライベートの旅費

ステップ3:確定申告書の作成
会計ソフトを利用すると、ほとん自動で作成できます。
提出方法は、税務署に届ける・郵送・e-Tax(ネット申告)です。

※青色申告の場合は、e-Taxにしないと
青色申告特別控除が10万円も減ります。

e-taxの場合は、ICカードリーダー(2,000円程度)も必要。

Webライターの所得が20万円以下だと、確定申告をしなくてもOKです。
所得によりますが「還付金(払いすぎた所得税が戻る)」がもらえます。
所得税の支払いがなくても、確定申告をしてください。

「白色申告と青色申告のどちらがいい」という疑問が湧いてきませんか?

会計ソフトが利用できて、控除額の大きい「青色申告」にしましょう。
あとは、稼げるまでは「白色申告」で、稼げたら「青色申告」にする方法もあります。

詳しいことは

「税理士ドットコム」

で、聞いてください。


おすすめのクラウドソーシング5選

ここからは、おすすめのクラウドソーシングサイトを紹介します。

「ランサーズ
 ●メリット
 ・依頼総数が200万件以上と豊富
 ・文字単価で仕事を探せる
 ・SEOのセミナーがある
 ・運営がやさしい
 ・即日払いが使える

 ●デメリット
 ・詐欺系のクライアントもいる

 ・ライバルが多い
 ・手数料が高い(5~20%)

ランサーズに登録していない人は、こちらから
クラウドソーシング「ランサーズ」


クラウドワークス
 ●メリット
 ・案件数は、3000万件以上

 ・タスク案件も豊富
 ・仕事が探しやすい
 ・プロクラウドワーカーになると
  仕事を受注しやすい

 ●デメリット
 ・あやしいライター講座の募集

 ・ライバルが多い
 ・手数料が高い(5~20%)

「シュフティ」

 ●メリット
 ・運営歴が長い(2007年2月~)
 ・手数料が安い(10%)
 ・スマホ案件もある
 ・カンタンな仕事が多い

 ●デメリット
 ・高単価な案件が少ない


「ココナラ」
 ●メリット
 ・ココナラの集客力を使える
 ・スキルがあれば、コンサルもできる
 ・大量受注も狙える

 ●デメリット
 ・手数料が高い(20%)
 ・出品がめんどくさい

「Bizeek」
 ●メリット
 ・手数料が安い(5~10%)
 ・ライバルが少ない

 ●デメリット
 ・案件が少ない
 ・1文字1円以下が多い

私の注目するクラウドソーシングはつなぐになります。
手数料が安く、Webライターにやさしいサイトです。

デメリットは、新しいサイトで案件がありません。
案件が増えるのを、期待しましょう。

私のつなぐプロフィールとお仕事はこちら
【大量発注可】Google検索第1位ライターが執筆

Webライターの始め方は、なんでもいい。チャレンジしょう

海と砂浜の写真
この記事では、Webライターの始め方について、実際の単価も紹介しました。

私は、Webライター2~3年目ですが
月30万円を稼いだり、
DeNAのWELQ事件で閉鎖されるなど
辛かったり、うれしい出来事がありました。

それでも、在宅Webライターを続けられて幸せです。

「リストラされそうで怖い」
「転職ばかりを繰り返している」
「仕事ができず、自分に自信がない」
「スキルがなくて、今の職場でガマンしている」
「おうちでまったり稼ぎたい」

という人は、Webライターがおすすめです。
楽な仕事ではないけど、ストレス度は低いでしょう。

私のサラリーマン時代には、適応障害と診断されて
ストレス度が高かったです。

しかし、フリーランスになったら治りました。

サラリーマンの時の話はこちら
WEBライターは落ちこぼれにおすすめ 稼げるまでの過去とは?


■この記事を書いた人
小田洋士(おだひろし)
WIFIルータ営業、職業訓練校、常駐派遣、大手中古車販売会社を経て、フリーライターに転身。2017年1月に、個人事業主として開業。クラウドワーキングサイトではプロクラウドワーカーとして、投資・証券・ふるさと納税記事などを執筆。好きなものは、インデックス投資とシティーホテル巡り。

お仕事について
WEBライティング
1文字2~50円から受注可能
月40本ほど執筆

ブログ更新
1文字2円から受注可能

執筆ジャンル
お金・美容・不動産・建築・法律・ガジェット・ライフスタイル・エンタメと幅広く執筆。

できること
ワードプレスの更新、キーワード選定、記事設計、執筆、写真挿入、文字の装飾、セールスライティング、Webサイト更新、Twitter更新(1投稿平均:20~40いいね)、インスタ投稿(1投稿平均:100いいね)

SNS
ランサーズ

クラウドワークス
つなぐ
Twitter
Facebook
instagram


アカウントを作成 して、もっと沢山の記事を読みませんか?


この記事が気に入ったら 【上位表示10記事以上】小田洋士@webライター さんを応援しませんか?
メッセージを添えてサポートする事ができます。


この記事にコメントをしてみませんか?


32歳フリーランス|最高月収30万円超|Webライター&元FX依存症|サイト運営経験あり|特技ジャンル:金融、エンジニア、通信、不動産、法律、転職、ブライダル(検索1位あり)|タイピング速めな女装家

s
おすすめの記事