メイン画像

香水のつけ方とマナー

香水のつけ方とマナー


こんにちは。しおんです。今日は香水についてお話しさせていただきます。
香水は香りによって人に不愉快さを与えてしまいますが、だれも注意してくれません。

強めの香水をつけるとき


出かける三十分前に足首につける。
その時にワセリン(無臭)を足首につけて起きそこに吹きかけるとアレルギーは起きにくいです。

付けてはいけない位置
  • 腰回り
  • 太もも
上の二つの位置につけるとかなり匂いが強くなりTPOが守れません。
香水はつけてはいけない場所が多いです。

つけてはいけない場所
  • 飲食店
  • 電車
  • 動物園
  • 人の家に行くとき
  • 初対面の人
ではどこでつければいいのかという話になりますが、香水はハンカチにつけることをおすすめします。
その時に注意してほしいのが、ワセリンを手のひらに塗ってそれをハンカチにすりつけることです。
そのあと噴き掛けるのです。香水は体臭をカバーしているので人のものがついていないと不愉快な香りになるのです。
これは安物ですが棉百パーセントの素材ではないので選びました。
棉が多いと香水の匂いが強すぎて洗濯しても消えないのです。



誰も匂いがきついとは言わないので、いつの間にか嫌われているということにならないように注意したいです。
もし大事な人に会うときにはおすすめのつけ方があります。

いつも使うヘアブラシに香水を吹きかける

出かける三十分前にヘアブラシに香水を遠くからふきかけて、出かける前に髪をとくだけです。一回でいいです。香水の種類は問いません。


私はブンブンバニラアップルがお気に入りです。
マナーを守って香水をつけたいです。
かおりはただつければいいと思わないですね。

よんでくださりありがとうございます。

アカウントを作成 して、もっと沢山の記事を読みませんか?


この記事が気に入ったら sion さんを応援しませんか?
メッセージを添えてサポートする事ができます。


この記事にコメントをしてみませんか?


アトピー敏感肌用のコスメや、アレルギーと渡り歩くオフィスメイクなどを書いています。
スキンケアについても。
https://eden.opal.ne.jp/

s
おすすめの記事