メイン画像

大阪私立高校受験【事前相談】流れ・概要

大阪私立高校受験【事前相談】流れ・概要


最初に
私は現在塾関係者ではありません。
ですから、当記事を読んでも、あなたに対して営業をかけたり、教材を売りつけたりはありませんので、ご安心を!

この記事に書いていることは、あくまでも私が塾講師をしていた時の経験を元にしています。現在は何らかの変化があるかもしれませんので、各自確認をしてください。

また本記事の記載内容について、信じる信じないを始め、どう行動するかは皆さんが決めてください。その結果について発生するあらゆる事態については一切の責任は持ちません。

Twitterをはじめとした、各種SNSでのリンクは、ご自由にしていただいて結構です。

ここから本題です。
これって大阪だけなのかな?私立高校の合否は2ヶ月前にはほぼ決まっています。
公然の秘密で、中学校と高校、塾と高校の間で受験の2ヶ月前に学習相談(または事前相談)でだいたい決まります。

この記事は大阪府の私立高校受験にだけ適用できると考えてください。

(一部奈良県も該当します。どうやら日本全国のいろいろなところで行われているようです。仕組みが同じなのかどうかはわかりませんが、大阪以外の方にも参考になる部分はあると思います)

※ 大阪の公立高校受験には一切関係ありません。

流れ:

大阪の学習塾では11月頃から、生徒の成績を集めます。
内申点(通知表の点数)、定期テスト、実力テスト、模試(主に五ツ木模試)の結果です。

学校から渡される個票(成績が掲載されたもの)は必ずコピーを取っておきましょう。

さて、何のために集めるかというと、私立高校に事前相談をするためです。

受講生の志望校にそれらの成績一覧を持参、あるいはFAXやメールで伝え、合格の可能性を私立高校から聞くためです。

これを事前相談とか教育相談、あるいは学習相談と言います。
本記事では事前相談と記載します。

実は事前相談の前に私立高校→塾向けの事前相談説明会というものが開催される場合があります。その時点で「いつ」「どんな形で」事前相談が行われるかを塾側が把握し、高校ごとの担当者を決めていきます。

場合によっては、どのテストの成績を重点的に見るかや、どの程度の点数が必要かというところまで提示される場合もあります。

さて、話を事前相談に戻します。

塾側から私立高校に向けて受験予定者の資料を提出した後、私立高校からは大体三段階で返事が返ってきます。

「確約、当日次第、難しい」や「ABC」、「〇△×」などです。

事前相談は塾が先(12月前半)に行います。
その後に中学校(12月中旬から下旬)が行うという流れです。

中学側はちょうど2学期の最後の進路面談(教師、親、子の三者面談)の時期に合わせて結果を入手できるスケジュールです。

結果と受験:

多くの私立高校は〇〇コースや△△科といったように、成績によってコースが3段階ぐらい用意されています。

いろいろな名前があって、パッと見ただけではどのコースが成績上位なのかわかりにくいですが、ぶっちゃけると上位、普通、下位のような構成です。

例えばA君が□□高校の上位コースを志望しているとします。塾がA君の成績一覧を□□高校に提出したら、高校側から返事があります。

「上位コースは当日次第。普通コースなら確約」って感じ。

こういう場合、塾側は上位コースで受験させます。だって進学実績が命ですから!!仮に当日の出来が良ければ上位コースで合格ということも考えられます。もし想定通りの点数でも普通クラスでは確約が取れているわけですから保険もあります。

私立高校が重視するのは:

私立高校側がもっとも重視するのが、10月と11月の中学校内の実力テストです。といっても中学校によって実力にばらつきがあります。A中学校は優秀生が多く、B中学校は少ないなどの偏りです。

私立高校側は大阪の各中学校のデータを事前に入手しています。ですから、A中学校で平均点より10点上と、B中学校で平均点より10点上は「価値が違う」と判断されます。

自分の通っている中学校が大阪全体で、どの程度の位置にあるのかを知っておくことは大切です。

事前相談に関する塾の使い方:

ただ、自分の中学校の位置付けは、なかなかわからないものです。そういう時にこそ塾を利用するといいです。

塾では(私立高校と同じように)全中学校の実力テストの平均点、五ツ木、進研V模試、塾内模試など各種の結果をすべて保持しています。

当然それらのデータから、各中学校の序列表も保持しているはずです。

こういったデータは集団形式の塾の方が充実しています。しかも大阪全体に展開している進学塾のデータはかなり信用できます。

事前相談においては、各塾で実施しているいわゆる「塾内模試」は参考にすらしない高校があります(一般的な模試なら、五ツ木と進研V模試なら、参考数値として扱ってくれる高校もあります)

高校側が塾内模試を判定に使わない理由:
「塾内模試」は、受験者の大半が塾に所属していることもあり、偏差値操作がいくらでもできるからです。実際していると思いますよ。塾内模試の偏差値は受験が近づくにつれて、ゲタをはかされていると思います。意図は、少しでも偏差値の高い高校を受験させる際の、講師→生徒&保護者への説得材料にするためです。

中学校側の対応:

中学校の三者面談で「◇◇高校は難しい」と言われたら、ほぼ無理です。
前述したように高校側は確約を伝え、その人数でおよその合格者数を12月の段階で算出しています。

たとえ残りの期間猛勉強をして成績を上げても、学校同士または学校と塾との間での確約を取り消すわけにはいきません。

ですから、中学校側は高校側との信頼関係にヒビが入らないように保護者と本人を説得します。そういう大人の事情も関係していて、受験はさせてもらえないことが多いです。

強硬突破で合格できないわけではありませんが、中学校側に大人しく従うのがいいと思います。

それは、自分一人だけの問題ではなく、来年以降同じ高校を受験する後輩への影響を考えなければならないためです。

×で強行受験した場合は?

これ、気になりますよね。
前述したように、中学校と高校の関係性と後輩への配慮のため、×の場合はおとなしく受験を回避するのが良いと思います。

実際、当日の点数が少しぐらい良くても合格できない場合もあります。なぜなら〇(確約)をもらっている生徒を優先するからです。

×で強行受験した場合、〇をもらっている生徒よりもかなり上の点数を獲得できなければ合格できないでしょう。

それだけ実力を上げなければなりません。×の場合は、それだけのリスクを受容しているということですから、私立を公立の滑り止めと考える場合には、×での強行受験はお勧めしません。

事前相談を行わない高校の見分け方:

私立高校の中には事前相談を実施していない学校もあります。

見分け方はいくつかあります。どれも完全には信用しないでください。塾でズバリ「事前相談ありますか」と聞くのがいいと思います。

1.偏差値がトップクラスの高校の一部

2.中高一貫で募集人数が少ない高校の一部

3.塾が公開している前年の合格率が高くない高校
  90%超なら、事前相談がほぼパーフェクトだということ

〇をもらったら、塾をやめてもいいのか?:

私が塾関係の仕事をしていた時、保護者や生徒から
「私立高校から〇(確約)をもらったら、塾はやめてもいいのか?」
という質問をよく受けました。

答えは簡単です。
「大学へ行かないならやめてもよい」です。
これは、たとえ私立専願だとしても言えることです。

〇をもらえば、よほどのことがない限り不合格になることはありません。
不合格にすると高校と中学、高校と塾の信頼関係が崩壊するからです。
実際に「〇をもらったのに不合格」という例は聞いたことがありません。

仮に〇なのに不合格にした場合「あの高校の事前相談は信用できない」という結論になります。
中学側、塾側からそっぽを向かれる可能性すらあります。
そうなってしまうと次年度以降の受験者、入学者への影響は確実です。

私立高校は定員割れすれば経営に影響が出ますから、そんなリスクを冒すことはあまり考えられません。

高校は大学への通過点でもあります。
入学後も勉強を続けるのは当然のことです。

もし、〇をもらって数ヶ月勉強しなければ、4月の新学期から躓くことになりかねません。
ほとんどの私立高校は、大学からの指定校推薦枠や関連大学へ推薦枠のルートを抱えています。
これらを勝ち取るには1年生の1学期から良い成績を取り続ける必要があるのです。
つまり、最初で躓くわけにはいかないわけですね。

指定校推薦や関連大学への推薦枠は、日ごろの成績を1年次から全部見るのが普通です。
ですから、ひと時も手を抜けないということになります。

たとえ国公立大学や私立大学への通常受験での合格を考えているとしても同じです。
数ヶ月のさぼりがその後の学力に与える影響は無視できるものではありません。
結論。大学進学を考えるならば、受験直前まで塾は続けるのが良いといえます。

また、私立専願ではない場合は、私立受験後に公立受験があります。
公立は私立のような事前相談は存在しません。
内申点と当日試験の点数だけでの勝負です。
第一志望が公立の場合は、〇が出たから塾をやめるというのは考えられないでしょう。

現在中1、中2の人へ:

事前相談が来年以降も行われるとします。

当然、ターゲットは3年次の10月、11月の実力テストです。

そこから逆算して行動しなければなりません。

通常3年生の夏休みでクラブ活動を引退することが多いと思いますが、引退してから頑張るという論法は通用しません。

実力テストは正に実力を見るためのものですから、3年の夏休みにとことん自分を追い込まなければならない。

理科や社会は単元のヤマをはることも可能です。
しかし、英語と数学は1年生からの積み重ねが非常に大切な教科です。

夏休みにいくら頑張ったとしても実力が一気に伸びるということは考えにくいです。
できるだけ早めに手を打って、中3の夏休みは総復習に充てられるようにしておきましょう。

中学受験はどうなのか:

中学受験の場合も事前相談をやってくれるところがたくさんあります。どの学校がやっているのか、何を基準にするのかは塾に聞いてみてください。

中学受験の場合には、高校受験と少し異なる判断基準もあります。

たとえば、オープンキャンパス(学校説明会)にいつからきてくれているのか。です。

小学校5年生の段階から毎回参加していたら、少しですが有利です。最低でも小学校6年生になってからのオープンキャンパスについては、第一志望校には必ず参加しておきましょう。

また、オープンキャンパス当日に過去問での模試を実施する中学もあります。その成績が事前相談に使われる場合もあるのです。名前を売って、成績を売って、「この中学にどうしても入りたい」ということをアピールしておくとよいでしょう。

最後に:

他の都道府県ではどうなのでしょうかね。

あ、奈良の私立にもあるそうですよ。
奈良は中学、高校、塾、異口同音に「ない」と言い切ると思いますけど。

奈良県の中学生の多くは大阪の私立高校も受験すると思います。
奈良から大阪の私立高校を受験する場合は、事前相談は必須ですから、塾に相談してみてください。

そこで「やっていない」と言われたら、仕方ありません。
実際には裏でやってくれていると信じて、塾側の進路指導を受けましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
参考なった!ならば、ハートマークをクリックしてください。
執筆の励みになります。


アカウントを作成 して、もっと沢山の記事を読みませんか?


この記事が気に入ったら matojyo さんを応援しませんか?
メッセージを添えてサポートする事ができます。


この記事にコメントをしてみませんか?


元塾講師です。大阪や奈良の進学塾で講師をしていました。受験生や保護者の方々のお役に立つ記事を書いていきます。

おすすめの記事