メイン画像

小学校入学までに身につけたい習慣

小学校入学までに身につけたい習慣


「小学校の入学前に習慣づけた方が良いことを知りたい」
 
「幼児期のうちから出来ることを何だろう」
 
こんなお悩みありませんか?

 
結論を言うと、
 
幼児期に基礎がしっかり出来ていれば、小学校でも大丈夫。


うまくいきます。

 
子どもと本気の泥だんご作り。
 
ベースの土が良ければギュッギュッと、しっかり握るだけでキレイな泥だんご出来る🥺←分からない例え。
 
 
今日は私が実際
  • 言われたこと
  • 取り組んだこと
 
保育士として働いている時に

小学校側から、お願いされたこと


就学前までに身につけるべき6つのポイントをお話します。
 
 

早寝早起き

基礎中の基礎ですが、生活リズムは大切
 
小学校は登校時間が早い
 
夜遅いと授業中に眠くなる
 
 
 

外遊び

 
これは私が是非オススメしたい。
 
習い事に行かずとも、公園や散歩。

外遊びの習慣を取り入れるだけで、子どもの運動機能は発達します。
 
我が家はほぼ毎日。
幼稚園時代は平日も公園に行ったりしていました。
 
〜今日も遠足の後公園行ったよ、帰ってきて大変だ〜



遊具で遊ぶ・季節の草花に触れる。

それだけで、子どもの好奇心は刺激されます。


保育士歴30年の子育て先輩ママからも
 
幼児期の公園
 
を勧められます。
無理のない範囲で散歩から、取り入れてみてください♪
 
 

ご飯を時間内に食べる

 
30分以内にご飯を食べる練習をしてほしい。
 
ほとんどの小学校で言われました。
 
給食の時間が決まっている
 
給食を時間内に食べ終われない子がいる
 
そこが理由かもしれません。
 

自分の事は自分でする

小学校では自分のことは自分でしなければいけません。
 
・排泄後の後始末。💩を自分で拭く
・トイレのスリッパは揃える
・服の着脱
・ご飯を一人で食べる など
 
息子のクラスは30人。担任1人+補助1人
 
自分のことが自分で出来ると、お子さんが楽に小学校生活をスタートできます。
 

人の話を聞く

先生と保護者が話す機会がかなり減ります。
 
・先生の話をしっかり聞く。
・先生の話を親に伝える
・困ったことがあれば、自分で伝える
 
先生の話を聞く習慣がつけば、忘れ物も減ります。
 

机に向かう習慣付け

机に向かう習慣がついていると、かなり楽です。
 
冷凍パスタくらいラク。
 
でも、机での学習は勉強が全てじゃありません。
 
簡単に小学校までに習慣付けたいことをお話しました。
 
幼児期の過ごし方で、小学校は決まります。
ワーママに限らず、専業主婦でも小1の壁を感じ悩まれてる家庭もあります。
 
 
小学校に入学したが、お子さんの勉強の習慣に悩んでいる方
 
幼児期から机に向かう習慣をつけたい
 
電話する程ではないが、先生に聞いて欲しいことがある場合の対応を知りたい
 
 
 
私の経験則も踏まえ、
 
詳しい内容は以下の記事に紹介しています。









 
 
幼児期からの家庭での習慣・ワーママとして小学校入学が心配だと思う方のみご覧ください。
 
 
 
お子さんの大切な幼児期。小学校生活
で、より良いスタートを切りませんか?
 
 
 
子育ての悩みが軽くなりそうと思った方は、他の記事も、ぜひご覧くださいね。
 
 
 
最後までお読みいただきありがとうございました。
 
 
 
不定期ではありますが、「子育ての悩みが軽くなる」をコンセプトに今後もより良い記事を書いていきます。
スキ・フォローいただけると、ゆーこが3回転サルコーしちゃいます👼
 
 
 
 

アカウントを作成 して、もっと沢山の記事を読みませんか?


この記事が気に入ったら ゆーこ| 子育てプランナー さんを応援しませんか?
メッセージを添えてチップを送ることができます。


この記事にコメントをしてみませんか?


【悩みが軽くなるかもしれません】保育士として10年|ママとして4人の子ども(7・5・0歳双子)を育てる|そこから得た『知識』と『経験』を子育てに悩むあなたへ|『追われる子育て』から『余裕のある子育て』に変えるお手伝いをしています|我が子も自分も大切にできるように子育て術を発信|心がフワッと軽くなり余裕が生まれます。

おすすめの記事