メイン画像

イギリス|家探し

イギリス|家探し


渡英することが決まった際、気になるのはこれから住む場所かと思います。
ビザ申請や入国書類にも滞在先の住所は必要になるので、できれば早めに決めたいですよね。
私は現在YMSビザでロンドンに滞在していますが、渡英から半年で1度引っ越しをしています。
そこで、今回は家探しに使ったサイトを紹介します。

サイト紹介

MixB

日本人向けの掲示板で、求人情報なども見ることができます。
日本語で掲載されているので、まだ英語でのやり取りが不安という方にもおすすめです。
家の種類はフラットシェアが多いです。

Spare Room

現地の家探しサイトなので、紹介物件数も豊富です。
英語での掲載で、家の種類はフラットシェアが多いです。
英語環境でフラットシェアをしたいと考えている方におすすめです。

Zoopla

現地の家探しサイトで、スタジオ(いわゆる一人暮らし物件)の掲載が多いです。
フラットシェアと比べて家賃は張りますが、日本のようなワンルーム物件を探している方におすすめです。

 

実際に気になる家が見つかったら…

  • 家賃の他に別途かかる費用(電気、水道、ガス、インターネット込か別か)
  • 保証金(deposit)
  • 最低滞在期間(Minimum term)
  • 退去時は何日前に知らせなくてはならないか(Notice period)
  • フラットメイトの人数
  • シェアするスペース(自室にバス/トイレ付きの部屋はen suiteという)
  • 家具の有無(furnished/unfurnished)

…などはチェックしておくと良いです。

 

実際に1年以上ロンドンで暮らしていますが、住居に関するトラブルは少なくないようです。
特に最近のイギリスはガス代や光熱費が高騰していることが社会問題にもなっているので、
家賃に費用が含まれているフラットシェアの場合も今後エネルギー費用変動によって影響が出るか事前に確認したほうが良いかと思います。


アカウントを作成 して、もっと沢山の記事を読みませんか?


この記事が気に入ったら YMS_LON さんを応援しませんか?
メッセージを添えてサポートする事ができます。


この記事にコメントをしてみませんか?


イギリスで暮らしはじめました。
初めての海外生活での日々を気ままに更新していきます。

おすすめの記事