メイン画像

1分でわかる4大書道家の一人 欧陽詢

1分でわかる4大書道家の一人 欧陽詢


欧阳询は唐朝の著名な書道家の一人です。官吏でもありました。楷書四大家の一人です。欧陽詢と他に同時代には虞世南、褚遂良、薛稷がいました。彼らは初唐四大家と呼ばれています。
 
欧陽詢の息子、欧陽通も書道に精通していたので、息子と区別するために欧陽詢は大欧とも呼ばれていました。
 
欧陽詢と虞世南は初唐の時代、書道のおかげで有名になりました。この二人は合わせて欧虞と呼ばれています。
 
後世の人は欧陽詢の作品はよく整っているため絶句のように見ることができます。それで初学者の読み物として適しています。
 
欧陽詢の書体は欧体と呼ばれています。
 
欧陽詢の代表作は楷書では「九成宮醴泉銘」と「皇甫誕碑」などがあります。行書は「仲尼夢尊帖」と「行書千字文」があります。
 
欧陽詢は書道について独自の見解があったので、美しさを追求した書道の用筆、文章構成技術を具体的にまとめた書道論「八诀」「用筆論」などを書きました。
 
欧陽詢が書いた「化度寺邑禅師舎利塔銘」「皇甫誕碑」などは中国書道の貴重な遺産です。
 
欧陽詢は唐人楷書の第一人者と呼ばれています。
 

アカウントを作成 して、もっと沢山の記事を読みませんか?


この記事が気に入ったら jian さんを応援しませんか?
メッセージを添えてサポートする事ができます。


この記事にコメントをしてみませんか?


おすすめの記事