メイン画像

インプラント治療ってなんだろう?

インプラント治療ってなんだろう?


インプラント治療とは?
 
インプラント治療とは、チタンなどの金属で作られた人工歯根を顎骨に埋め込み、その土台に人工歯を取り付ける治療法のことです。従来は治療歯の両脇の歯を削って人工歯を被せるブリッジという治療法がありましたが、削られた歯がもろくなったり、歯根がないため耐久性が弱いなどの課題があり、近年ではインプラント治療が主流になりつつあります。
 
インプラント治療のメリット
 
インプラント治療にはさまざまなメリットがあります。最も大きなメリットと言えるのは、人工歯根が顎骨に固定されているため、自分の歯と同じようにしっかりと噛めることです。これにより顎骨も痩せにくくなります。またブリッジ治療と違い、周りの歯を削る必要がないので、他の歯に負担がかかりません。そして入れ歯と違い取り外す必要がなく、見た目も自然になります。
 
インプラント治療のデメリット
 
インプラント治療のデメリットとして挙げられることは、健康保険適用外なので全額自己負担となり、入れ歯やブリッジ治療に比べて高額になりやすいことです。また顎骨に埋め込む外科手術が必要になるため一定の治療期間が必要になりますし、抵抗感を持つ方もいるでしょう。免疫不全や重度の糖尿病などの疾患によっては治療ができない場合もあります。
 
手術の麻酔や対処法について
 
インプラント治療は通常の虫歯治療で使われる局所麻酔で行いますが、手術に対する不安が強かったり、歯科治療に抵抗を感じる場合は、「静脈内鎮静法」という全身麻酔を併用することでリラックスした状態をつくります。静脈から鎮静剤を点滴することで、うっすらとした意識の中で手術が行われるのでほとんどストレスを感じることがありません。なお「静脈内鎮静法」を行う際、誤嚥や窒息を防ぐため、手術の3~6時間前までに食事を済ませる必要があります(詳細時間は各歯科によって異なります)。治療後は自分で運転して帰宅できないので送迎してもらうか、公共の交通機関を利用します。

まとめ
インプラント治療は、周りの歯に負担が少なく、見た目も自然というのがとても魅力的です。料金が高いので財布と相談して計画を立てようと思います。歯の治療は、ただ高いから、安いからといって安易に答えを出すのではなく、
これからの人生に欠かせない大切な身体の一部として最適な選択をしたいものです。その前に虫歯にならないことが前提なんですけどね。今までの歯のケアを見直して、これからは歯をしっかりと守っていこうと思いました。この記事が歯の治療を考えている人の参考に少しでもなれば幸いです。
 
 

アカウントを作成 して、もっと沢山の記事を読みませんか?


この記事が気に入ったら bornslippy5917 さんを応援しませんか?
メッセージを添えてチップを送ることができます。


この記事にコメントをしてみませんか?


特にこれといってジャンル限定せずに、マイペースにライティングしていこうと思います。

このクリエイターの人気記事
おすすめの記事