メイン画像

トルコ旅行記~6/10日目~

トルコ旅行記~6/10日目~


おはこんばんにちは!まめまるです!

新婚旅行でトルコへ!
6日目の今回は
「綿の城」パムッカレ編です~
(*ˊˋ*)


ではではレッツゴー!!!

(前回を見返したい方はぜひこちらからご覧くださいまし)



【5/4(水) パムッカレ】

09:30 朝ごはん
11:00 パムッカレ-ヒエラポリス
18:30 ホテル→バスターミナル
19:30 晩ごはん
20:45 バスターミナル→ネヴシェヒル(カッパドキア)




◎朝ごはん◎
この日はホテルで用意してもらった朝食をお部屋で頂きました

パンとオムレツとハムとチーズと揚げ物たちが定番らしく
いかにもトルコの朝ごはんな感じがしてなんだかニマニマ笑
ジャムも色んな種類を揃えてくれているのがまた嬉しい!


この日は一日パムッカレ
石灰華段丘:綿花の生産が盛んだったため「綿の城(パムッカレ)」の名がつき、石灰などを含んだお湯が流れて形成された台地)で過ごす予定なので
服の下に水着を着て出発です!




◎パムッカレ◎

パムッカレには入り口が3つあり、
ホテルから一番近いパムッカレの入り口までは歩いて5~10分くらいでした!
入り口のゲートで入場料をお支払いっ
(一人140TL:1218約円)


ゲートを抜けて砂利道を少し登ると早速石灰花壇ゾーンです!
石灰花壇のエリアでは土足厳禁なのでここから裸足になります~

ちなみに私たちはTEVAサンダルを履いて行っていたので
リュックに括り付けることができて便利だったのでTEVA型サンダルおすすめです!笑

  
バエ系の写真でよく見るような棚田は上流で見れますが
下流ではなだらかな石灰層が広がりと冷たい水が流れています

これが裸足で歩くと結構痛いっ!
見るからに表面が滑らかなところは全然余裕だけど
ザラボコのところは痛い...
足の裏の皮が厚めの私でこれだから
足の裏がやわやわの彼はヒィーヒィー言いながら
目の前の光景には目もくれず
まるで試練かのようになるべく滑らかなところを探して登ってました笑
  

上流に近づくにつれて棚田が見えてきましたが
午前中だからかなのかそんなに水は青く見えません
それよりも日差しがまぶしすぎて眼を開けてるので精一杯だった気もします笑
持ってきてなかったので後悔しましたがサングラスは必須です!!




石灰花壇エリアを超えると
ヒエラポリスエリアになります

ヒエラポリスはおよそ紀元前200年頃に建設された都市で
パムッカレから湧き出る温泉で栄えたといいます







度重なる地震の影響で
崩壊されている個所が多めでしたが
歴史と当時の技術を感じさせる建造物たちに感動しました!







それにしても敷地がめっちゃ広い!!
ここ数日歩きっぱなしで休み休み歩いててもすぐ疲れちゃって笑

周りきるの無理じゃね~
もはやここから動くことすらキツいわ~
とかってベンチに腰掛けながら
いかに乗り越えるかを考えていたら...
  

  

2人乗りバイクみたいなのに乗った夫婦が
トイレ休憩に近くで停車したんです!

そんなチート戦法あったんか!
驚きつつもどうしても私もそれに乗りたい!!

ということで
彼に頼んでその夫婦にどこでレンタルできるか聞いてもらいました
自分が英語話せないとこうゆうとき申し訳ねえ笑


どうやら借りれる場所は
西口かおおよそ中央に位置する遺跡プールの入り口の2か所あって
私たちがいる場所はちょうど中間地点くらいだそうで...

体感ではすでに2kmくらい歩いてきてたから
戻るのも進むのもしんどいしどうしようか悩みました笑

まあでもせっかく来たんだしね!
全部見て周らんと帰れないよね!
と、続く2kmは辺りを見回すことなく最短距離で西口へ笑

途中、何台か通り過ぎるバイクやミニバスたちを見て
もしかしたら着いたところでもうないかもしれないと心配に駆られながら
出来る限りの早歩きで向かいました笑


必死の思いで西口へ着くと
何とかまだバイクが残ってました!!


いやあ~、もう歓喜歓喜!!
400TL:約3480円かかるということは先ほどの夫婦に聞いていたので
受付のおじちゃんに急いでお金を渡してゲット笑

遺跡プールの入り口におれの友達がいるから
返す時はそっちでもでもええよ~って
なんかあったら電話してや~って
ニコニコしながら教えてくれました笑


よっしゃ~~~!
これで怖いもんなしや!!
と意気揚々とバイクに乗り込み元気も回復っ!
(操作がすっごくシンプルなので運転も楽々です)

結果、バイクが便利すぎて
まだちゃんと見れてないエリアも車内?から見るだけで
全然降りなくなってました笑笑


そしてバイクに乗ってみると
あんだけ頑張って歩いてきた道のりは思いのほか長くないこと
バイクでどこまでも入れるわけではないことを知りました...笑

え、400TLも払ったのに
バイク乗って移動できる範囲狭くない?!笑
(トルコの物価の安さにマヒして日本の感覚は忘れております笑)

元取らなきゃ!!
と、ケチ根性が燃えてしまい
交互にバイクを運転して同じルートをグルグル回ったり
バスガイドごっこをしたりとひたすら乗り回しました笑笑


  
当然のことながら乗り回してると
何度もすれ違う人が出てきます
なんだか恥ずかしい...

でも、一組だけ同じように乗り回してる陽気なお兄ちゃんたちがいて
彼らとはすれ違うたびにクラクションみたいなものを鳴らし
手を振り合ったりもしました!




朝ごはんにいっぱい食べたこともあり
なかなかお腹が減らずお昼も食べずにバイクに乗ってましたが
さすがに飽きてきた...笑

そろそろバイクが入れないエリアに行くべ!
ということで東エリアに!


お昼着くらいの時間で人がたくさんいて場所取りが大変ゾーンになってましたが
午前中に登ってきた石灰花壇を上から見下ろせる
いわゆるバエスポットがあります笑


そこではぬるめのお湯が流れているので
子供や水着の人はお湯の中に浸かってました
(正しくはバエ写真撮影をされてました笑)

私たちも服の下に水着を着ていたので
ほんとは浸かってみたかったけど気温が低かったため断念し
サンダルを脱いで足だけに


驚いたのが、
服を着たままお湯が落ちてくる真下に座り
滝行のように頭からお湯を被ったり、
お湯の下に沈んでる砂状の石灰を塗りたくってる写真を撮ってる男性がいて
世界のバエ根性を見せつけられました笑

そういえば
写真映えするコスチューム(羽とか布?とか)のレンタルショップ屋さんや
カメラマンさんとかもいて
パムッカレは世界有数のバエスポットなにやなあと感じました笑


さすがに小腹が空いてきたので
ここにきてやっと、屋台のトルコアイスを食べてみることに!

が、よくYouTubeとかで見るような
コーンやアイスを使ってもてあそばれるタイプのお店ではなく、
普通にいくつかの味を選んで重ねてもらうタイプの
トルコアイスというよりはジェラートみたいなアイスでした!笑
(もはや写真すら取ってない笑)




どこか寂しさもありつつ
乗り回したバイクとお別れして遺跡プールへ!

太古からある遺跡が沈んだプールとのことで
めちゃくちゃ楽しみにしていました!

...が、
・プール内は人多くてぎゅうぎゅう
・プール外もうじゃうじゃ
・プール内の人はプール外の人から(勝手に)めっちゃ写真撮られてる
・別途入浴料がかかる
という状況のため
なんか覚めちゃってささっと見るだけ見て脱出笑

確かにプールの底にはかつての建造物のパーツたち(遺跡)があるにはありましたが
人が多いし水もそんなにきれいじゃないし
さほど感動はしませんでした笑

よっぽど期待を裏切られた感があったのか
一枚も写真撮ってませんでした笑
(どんなもんか気になる方は「パムッカレ 遺跡プール」でググってみてください笑)




気を取り直して
次は円形劇場に行ってみることに!

劇場まではまだ舗装された道がなく(現在準備中)
けもの道のような草がおいしげる急な坂道を登って向かいます

急すぎ&狭い&人多い
の三拍子で登りきること以外考えられない状況でしたが
きっと途中で立ち止まって振り返れば絶景だったかもしれません笑

滑り落ちそうになりながらもなんとか到着しました!

わーーーお!!!
見た瞬間感動っ!!!
(急な上り坂を登った達成感からかな笑)


2世紀くらいに建造されたようですが
保存状態がいいのかほとんど当時のまま残っており
自由に観客席に入れます


  

一つ一つの段差が大きくて
転げ落ちないか心配になりましたが
バリケードがあるところまではなんとか降りることができました!







山道を降り、遺跡プールから少し離れたところに
ヒエラポリスの考古学博物館があります

寒くなってきたし疲れたし
そろそろ帰りたいところでしたがせっかくなので寄ってみました


中にはたくさんの石像や石棺がたくさんありましたが、
いまいちどれが何なんだかよくわからなかったので
ここでもGoogle翻訳の登場!

なんとか展示品の説明を解読しながら
その当時の権力だったり神話だったりについて知った気になれました笑
  




そろそろホテルに戻る時間が近づいてきたので
パムッカレを離れることに


元来た石灰花壇エリアを下っていきましたが
午前中とは比べ物にならない人の多さと結構な曇り空に
もっと写真を撮っておくべきだったとちょっと反省しました


人が紛れてない写真を撮ることがほぼできない状態だったので
普段は自分たちのことは写真に収めない派ですが
ここに来て最初で最後の自撮りツーショットを撮りました笑
(さすがに載せる勇気はないので自粛します笑)

帰りも足の裏が痛くて
ギャーギャー言いながら下る27歳男女笑
(痛くないおすすめのルートは
崖側の幅15cmくらいの淵ですが落ちないように要注意!)

夕方で風も強かったこともあり
風で飛んでくる水しぶきが冷たくて一気に寒くなってきてました




◎ホテル→バスターミナル(デニズリ)◎
優しいホストのおじちゃんが
バスターミナル行きのミニバスが来るまで一緒に待ってくれて
荷物を積み込み見送ってくれました
(ホントに心温まる優しいおもてなしをしてくれるすてきなホテルです)


ミニバスの中はすでに立ってる人もいっぱいいっぱいで
無理やり乗せてもらった感じだったのでもうみっちみち!

さらに途中で1人追加して
たぶん20分くらい耐え抜いてバスターミナルへ到着!
(たしか一人20TLくらい:約174円)


降りたらまず広めな場所で荷物を広げて整理!
ここでやっと石灰まみれの足やサンダルも拭いてしまいました笑

通行人の方々からは奇怪の目で見られましたが気にしてられません!笑
コーラン(イスラム教の聖典)を大声で読みながら物乞いしてるじいさんが
徐々に近づいてくるのにはさすがに怖かったけど笑


この後は夜行バスに乗ってカッパドキアに移動するので
トイレで着替えたらバスの時間まではご飯タイムの予定でした

ここで再びお金を払わないと入れないトイレに出くわしましたが、
さすがに痛い目を見て学んでいた私たちは
悩むことなくそれぞれ2TL払ってトイレに入りました笑

ただここでびっくりしたのが
トイレが汚い!!和式ばかり!!唯一の様式は鍵が壊れてる!!!

しんどいーーー...
心が折れそうになりながらも
どうにかこうにか細心の注意を払って着替えて脱出...


その後、乗る予定のバスが止まる場所を確認し
バス停の周りにはいくつかお店がありましたが体力がなくなってたので
ベンチの近くのお店でサンドイッチを買いました

で、めーっちゃくちゃマズい!!!
あまりのマズさに完食できず
だけどお昼食べてないからお腹は減ってるし...

ということで他のお店を探してみるも
ちょうどオーダーストップになってしまったばかりの時間で
ご飯を買えるところが見当たらない...!

絶望かと思った時
彼がどうにか見つけてくれたようで
チキンケバブを入手することができました!!
(写真なくってごめんなさい)

たぶん格別おいしいってものではなかったと思うんだけど
サンドイッチと比較してしまってとてもおいしく感じました!




ご飯を食べ終わって
バスの時間までまだ少し余裕があったので
恥を忍んでそのままメイクを落としコンタクトを外しスキンケアをして
後は寝るだけ状態の準備が完了!!

そろそろバスの時間かな?
ってタイミングでちょうどバスが来たから乗ろうとしたら
ん??
なんか違うって言われてる...

なんだか不安になってきたから
自分たちが乗る予定のバスはちゃんと来るのかと聞きたかったけど
スタッフの人は英会話ができないのか通じない...

とりあえず違うと言われたから
バスが来るのを信じて待つしかない...!


本来の出発時刻の10分後くらいに
1台のバスが来たけどこれで合ってるのかもわからない...

彼も疲れてイラついてきてたので
英語も何もできないくせに私がスタッフの方に声をかけに行ってみました!
(大きい荷物が二つあるので彼は荷物番)

スマホの画面を見せてバスを指さし
これってこのバスで合ってる?
って趣旨の身振り手振りでどうにか伝わるやろうと笑

が、伝わらなかったようで
相手はなんか話してかけてくるけど
英語なのかトルコ語なのか聞き取れない笑

なんやねんこいつ通じないわあ~
って顔をされ始めたところで
なかなか戻ってこない私を心配したのか彼がきてくれて
無事に解決!笑

結局私は何の役にも立てず笑
日本じゃ旅行のプランを考えたり先導するのは私なのに
海外じゃなんもできません笑笑


無事にバスに乗れたので
あとは目的地まで無事に着くのを願って寝るだけ...

と思いきやまだ災難は続き
うしろの座席の父子の騒がしいこと!!

小学生くらいだから元気なのはいいことだけど
私の座席をけったり椅子の横から足を伸ばして来たり自由すぎる!

彼がその親に注意してくれたけど
ほとんど効果はなく
ただ早く寝てくれるのを待つばかり...


静かになったなあと思ったら
子供が床で横になって寝てる?!
しかもなぜかその子の靴が座席の下を超えて私の足元まで来てる?!

え??!
そしてなんか父親の足らしきものも飛び出してきてる??!
...なんじゃこりゃ

父親は息子の分と合わせた2席で上半身を横にして
足を座席の下から出して私の足元まで伸ばしてる模様...

さすがにイライラが沸き起こってきたので
子供の靴ごと後ろに送り返してやりました!
熟睡してるのか気づいてない様子でしたが...笑


世の中にはいろんな人がいるなあ
とまた一つ学びになりました笑

そんなこんなで早く目的地に着かないかなあと
悶々とした気持ちでこの日はやっと終了...!



後半はしんどい展開がいくつかあったけど
パムッカレはとっても良いところなので
少しでもその良さが伝わっててくれたら嬉しいです~!!


ではでは!
次回はまたまた有名どころのカッパドキア
回でございまーす!!
見てくださーいね(人´∀`).☆.。.:*


アカウントを作成 して、もっと沢山の記事を読みませんか?


この記事が気に入ったら まめまる さんを応援しませんか?
メッセージを添えてチップを送ることができます。


この記事にコメントをしてみませんか?


【サボり気味OLでも副業で稼げるを発信】本業あっても月間収入6桁達成|2か月でココナラプラチナランク達成|スキル0実績0でも毎月2万↑の副収入|元ブラック企業営業職▶身体壊して働き方を見直す| ズボラーゆえ効率的に稼ぎたい|やれることはマルチに取り組む|ココナラ・ポイ活・Cポン・ブログ|まだ脳内はトルコ旅行中のためしばらく🇹🇷記事多め

おすすめの記事
2022/06/30 20:49 - さやはな@アトピー本出版しました
2022/06/30 13:00 - あずききなこ@生きづらさ解消研究家
2022/06/29 15:41 - あずききなこ@生きづらさ解消研究家
2022/06/28 14:38 - あずききなこ@生きづらさ解消研究家
2022/06/26 03:30 - オルタナを通り過ぎても
2022/06/24 19:31 - あずききなこ@生きづらさ解消研究家