メイン画像

【完全未経験】webライターとは?始めるためのスキルとデビューする方法を解説

【完全未経験】webライターとは?始めるためのスキルとデビューする方法を解説


今回は初心者がwebライターになるための方法を紹介して行きたいと思います。

 

最近はリモートワークの需要も高まり在宅で仕事したいという方も多いのではないでしょうか?

 

在宅ワークを始めるにあたって少しでもハードルの低い仕事したい方、これから在宅ワークを始めたい方にwebライターはおすすめです。

 

初心者がwebライターとして収入を得るための手順を紹介していきます。


webライターとは?

webライターとはwebの媒体に特化したライターのことをいいます。

 

みなさんが想像する紙媒体のライターを違い、webライターならではの特徴があります。

 

意外かもしれませんが、自分の書きたいことを書いて収入を得るわけではないということです。

 

基本的にはクライアント側の希望に沿って記事作成をしていくということですね。

 

主な記事のタイプは以下の4つに分けることが出来ます。

 

  • ブログ記事

  • コラム記事

  • 体験記事

  • 商法記事

 

記事専門性などスキルや知識を求められるものについては高単価の案件になることが一般的です。

 

webライターの収入は「文字単価」で決まることが一般的です。

 

基本的には1文字1円が通説なってると感じていますが、初心者の頃は1文字1円の案件は受注することが難しいような気がします。

 

0.5円~あたりから実績を積み重ねて徐々に文字単価のいい案件を受注していきましょう。

 

文字単価契約以外では「1記事いくら」という契約方法もあります。

 

クライアントによって「文字単価」か「1記事いくら」かで仕事を受注することになります。

 

webライターになるためのスキルについて

 

未経験の場合どの程度で仕事を受注できるのか気になるところだと思います。

最低限必要なスキルとして

 

  • PCで文字入力できる

  • インターネット使って検索できる

  • 日本語ができる(通常会話や読み書きが理解できるくらい)

 

最低限これらができれば、webライターとして仕事を受注することは出来ます。

 

webライターを始めるのは簡単ですが、経験も知識もないと低単価案件しか受注ができません。

 

おすすめの方法はどんなに低単価でもいいから、すぐに仕事を受注していまうことです。

 

書きやすい記事から仕事受注して、経験と実績作って行きましょう。

 

普通はライティングの勉強してからと仕事を受注すると考えると思いますが、やりながら覚えていく。これが最速でもっともおすすめな方法です。

 

クラウドソーシングサイトに登録して案件を受注しよう。

 

仕事を受注するにはクラウドソーシングサイトに登録することで仕事を受注できます。

 

有名なクラウドソーシングを紹介します。

 

クラウドワークス

ランサーズ

 

どちらとも登録しておくことをおすすめします。

 

登録のやり方は難しくないので、そのまま公式サイトから登録して頂ければすぐ登録が完了します。



他にも、どうしても自分の好きなテーマで執筆したいという思いが強い方は当サイトのTOPVIEWにライターとして登録してみるのもありです。

 

登録料などはかからないので、完全リスクゼロでライターデビューできます。

 

TOPVIEWで記事作成して実績を作り、次の仕事の受注に活用してみるのもいいと思いますよ。


アカウントを作成 して、もっと沢山の記事を読みませんか?


この記事が気に入ったら えふ さんを応援しませんか?
メッセージを添えてサポートする事ができます。


この記事にコメントをしてみませんか?


お役に立てる情報や気になる情報を不定期に発信しています。

s
おすすめの記事