メイン画像

「なるようになる」を英語でいうと?【英語学習】

「なるようになる」を英語でいうと?【英語学習】


「なるようになるさ」
「なるようにしかならない」

と英語でいいたい場合、
どんな表現ができるでしょうか。

これ、先日夫と話をしていたときに
実際に出てきたので、サクッとメモっておきました。

Whatever happens, happens.

といいます。

「happens」は動詞「happen」に三単現のsが付いた形ですが、
二つ並んでいるので、違和感を持ってしまうかもしれません。

でも、間違いではないんです。

この文の中では、

「Whatever happens」というのが一つのかたまりとなって、
主語として機能しています。

日本語にするなら

「起こるべくことはどんなことも」
「なんでも起こってしまうことは」

みたいな感じ。

その次に続く「happens」が動詞として機能しています。

The Free Dictionaryによると、次のように説明されています。

A phrase suggesting one's acceptance that an outcome in the future is uncertain or out of one's control.
(将来の結果が不確実であること、あるいは自分ではコントロールできないことを受け入れることを示唆するフレーズ)

まさに日本語でいう、
「なるようになるさ」じゃないですか?

昔、「Que sera sera(ケ・セラ・セラ)」という歌がありました。



Que sera seraはスペイン語風の歌詞になっていますが、
(スペイン語の文法としては正しくないらしい)

その英語訳として、

Whatever will be, will be

があたっています。

これ、歌詞の中でも登場します。

あわせて、
What will be, will be

というフレーズも歌詞に出てきます。

これらも、
「なるようになるさ」という意味になります。

英語ネイティブの中には、
ユーモアを込めて、「Que sera sera(ケ・セラ・セラ)」
なんていう人もいるかもしれません。


何が起こるか、未来をコントロールすることなんてできない、
どうしようもないんだからさ、気軽にいこうよ♪

なぁんて、いいたいときに
さらっと使ってみたいですね!

Whatever happens, happens.
Whatever will be, will be.

ゴロがいいので、何度も口に出して覚えてみてください。


では、また。





アカウントを作成 して、もっと沢山の記事を読みませんか?


この記事が気に入ったら Mai@海外ノマド さんを応援しませんか?
メッセージを添えてサポートする事ができます。


この記事にコメントをしてみませんか?


海外在住フリーランスライター。カナダの森の中で暮らしています。イギリス人の夫とともに現役バックパッカーなので、海外旅行先からブログを書いたりもしています。

おすすめの記事