メイン画像

ノマドになりたい⑫ 海外のクラウドソーシング

ノマドになりたい⑫ 海外のクラウドソーシング


クラウドソーシングとは、「不特定多数に募集をかけて業務委託する」ことでインターネットを介することが多いです。

日本では、クラウドワークス・ランサーズ・ココナラが有名(らしい)です。

「ノマド」や「副業」で検索をすると、「まずはクラウドソーシングで信頼を得て・・」などがたくさん出てきます。

さらに調べると「とは言え、ライバルが増えすぎていてなかなか案件を受注できない」とも書かれています。

これらクラウドソーシングのサイトで、案件の仕事内容を見てみると本当に様々な仕事が単発で募集されています(長期の案件もありますが)。

「ゲームの感想を書く」や「アンケートに答える」など色々ですが、確かにライバルが多く、その割には金額が安かったり・・・

そして、ネット副業を調べていくと「海外の」クラウドソーシングの方がライバルが少ないという情報を見かけました。

確かにそうかもしれないと思い、海外のクラウドソーシングサイトを調べてみました。

メジャーなところは、Freelancer(オーストラリア)、 Upwork(米国)、 Fiverr(イスラエル)らしいことがわかりました。

各サイトを見てみると、これらのプラットフォームで職を得ている日本人もいるようです。

が、日本のプラットフォームと比べて、当然多くなさそうです。

つまり、競争率は低くなる。

そして、基本的には英語でのやり取りになるようです(日本語に翻訳されたサイトがあるプラットフォームもありますが)。

これら海外クラウドソーシングサイトのどれかに登録してみようと思います。


アカウントを作成 して、もっと沢山の記事を読みませんか?


この記事が気に入ったら Dr. かにーじゃ さんを応援しませんか?
メッセージを添えてチップを送ることができます。


この記事にコメントをしてみませんか?


海外移住を考えているアラフィフ医師です。
息子たちの不登校を経験し、教育に関する疑問も湧いてきました。
オーストラリア・ドイツに留学経験あり、海外の事(移住・仕事・子供が生活できるか)について綴っています。

著者のデジタル名刺⇒https://www.handshakee.com/kaniggia

おすすめの記事