メイン画像

【DJ社長】ゴキブリ食べてまでフォロワーを増やすメリットとは

【DJ社長】ゴキブリ食べてまでフォロワーを増やすメリットとは


DJ社長がフォロワ−100万人獲得をめざす理由

DJ社長は元々レペゼン地球という音楽グループを立ち上げ今は世界進出、そしてゆくゆくは世界一のアーティストになるためにcandy foxにグループを改名してyoutubeとTwitterを中心に活動しています。

そんなDJ社長が突然Instagramで100万人フォロワーを獲得するまでゲテモノを生きたまま食べ続けるという挑戦を始めました。

その理由はこちら。

“フォロワ−100万人はバズった投稿がまぐれだと思われない最低条件”だから。

もう少し詳しくみていきましょう。

 

バズってもフォロワーが増えるとは限らない

皆さんはこれまでたくさんのバズったツイートや動画に出会ってきたと思います。

しかしその投稿主を全員フォローしている人はなかなかいないはずです。

つまりフォロワーを増やすためには“投稿がバズること”“投稿主が面白いこと”の2つが必要になるのです。

 

では投稿主が面白いかどうかをユーザーは何を基準に判断するのでしょうか。

もちろんバズった投稿のほかにどんな投稿があるのかという“コンテンツ”で判断する人もいますが、忙しい人はひとつ一つのコンテンツを覗いたりはしません。

もっと簡単に投稿主の面白さを判断する方法があります。

それが“フォロワーの数”です。

 

面白い投稿を見つける→投稿主のプロフィールを見る→フォロワーがたくさんいる→面白そうな人だからフォローしてみる

 

この流れがフォロワーを爆発的に増やす仕組みになります。

つまり“フォロワーが少ない人はフォロワーが増えにくい”ということです。

DJ社長はこの最初にして最大の壁を突破するためにゴキブリを食べ続けるという過激なコンテンツに挑戦しているのです。

 

しかし私たち一般人がフォロワーを増やすためにゴキブリを食べ続けることはあまり良い方法ではありません。

一般人が0からフォロワーを増やすためにもっと簡単な方法があります。

 

ゼロイチでバズるならTikTok一択

DJ社長はフォロワーを増やすために有名なTikTokerとコラボをしていた時のことです。

TikTokがバズりやすいのはおすすめ機能が優れているからだというアドバイスをそのTikTokerの方が仰っていました。

 

TikTokは検索を必要とせずにAIによってユーザーが興味を持っているジャンルの動画が次々に回ってきます。

また興味のない動画は一瞬でスクロールすることができます。

コンテンツを絞って発信すれば必ず需要を持つユーザーのもとに届くのです。

 

これを聞いたDJ社長は早速TikTokを始めました。

今最も力を持っているインフルエンサーはTikTokerと言っても過言はありません。

今ヒカキン、ヒカルと言ったyoutubeで一斉を風靡したインフルエンサー達が次々にTikiTokに参戦しているのが何よりの証拠です。

 

フォロワーを増やすメリット

フォロワーの増やし方を解説してきましたがそもそもなぜフォロワーを増やす必要があるのでしょうか。

そんなの当然じゃんと思う人も多いと思いますが念のため解説すると物が売れるようになるからです。

 

自分で作ったものを売る時も誰かが作ったものを宣伝する時も、人に気付いてもらわなければ当然モノは売れません。

フォロワーをたくさん抱えていればそれだけ拡散力が大きいということなのでもちろんモノが売れるのです。

 

しかし自分でフォロワーを何百人も捕まえるのって大変ですよね。

だからすでにフォロワーをたくさん抱えている人にお金を払って広告してもらう企業が出てきます。

 

つまり僕が一番言いたいのは、僕のこのTOPVIEWアカウントをフォローしてくださいということです。

以上です。最後まで読んでいただきありがとうございました!


アカウントを作成 して、もっと沢山の記事を読みませんか?


この記事が気に入ったら まいく@それ僕が調べときました さんを応援しませんか?
メッセージを添えてサポートする事ができます。


この記事にコメントをしてみませんか?


Webライターです。
プログラミングに挑戦中です。
ライティングのお仕事はTwitterのDMからお願いいたします。

s