メイン画像

クラウドソーシング案件獲得の裏技

クラウドソーシング案件獲得の裏技


私は、フリーライターとして活動しています。


案件受注に、クラウドソーシングも利用しています。
主に利用しているのは「ランサーズ」「クラウドワークス」です。



フリーライターとして活動し始めたばかりの頃は、案件に応募するも獲得できない日々でした。


どうすれば案件獲得につながるのだろう?と考え、模索し始めます。



すると、たなざわライターさんの「たなざわブログ」を発見。


悪質案件に注意!ランサーズ・クラウドワークスの怪しい仕事の見分け方
https://tanagami.com/malicious-client/


この記事を元に案件に応募し始めると、

10件中、2~3件程度の案件受注から、10件中、6~7件程度の案件受注へとアップしました!


ここからは、私の裏技を紹介します。


「クラウドワークスやランサーズで、募集実績が無いクライアントは、慣れてないので気を付けましょう」と記載されています。


確かに、発注に慣れていないところがあります。

しかし、悪質案件とも限りません。



募集実績が無いクライアントは、応募してみないと分からないので、応募することが多いです。


なぜなら、募集実績が無いので応募者も少なく、競争相手も少ないからです。


ちなみに私は、ランサーズで募集実績が無いクライアントから受注されました。


今では直接契約となり、継続的に案件受注へと繋がり、大事な取引先のひとつとなりました。


募集実績が無いクライアントは、悪質案件であることを考慮しつつ、
応募してみるのも良いと思います。





アカウントを作成 して、もっと沢山の記事を読みませんか?


この記事が気に入ったら osamukyoko2925 さんを応援しませんか?
メッセージを添えてサポートする事ができます。


この記事にコメントをしてみませんか?


アラフォー主婦。現在は、フリーランス看護師ライターとして活動中です。

こちらもご覧ください。https://note.com/miyumasa

おすすめの記事