メイン画像

#017 身体の健康にも「脳」が必要

#017 身体の健康にも「脳」が必要


マッサージに行っても
すぐに身体が痛くなる。

私の他にも、こんな方
いらっしゃいませんか。
 
私はマッサージや鍼灸治療など
様々なお店に通っています。
 
何十店舗も回り、現在は
自分と会いそうなお店を
見つけて定期的に通院しています。
 
身体の痛みが緩和されると
気持ちも軽くなりますよね。
 
だからこそ、定期的に
通うようにしているのですが、

ある日、

考え方を変えるだけで
身体の痛みが緩和される

という話を聞きました。
 
何でも、同じ症状でも
痛みが早く消える人と長引く人がいる
とのこと。
 
今回は、効果が身体に表れやすい人と
そうでない人の違いをお伝えします。
 

1.「プラス」か「マイナス」か

 
結論からお伝えすると、

物事の捉え方

によって、痛みの消え方が変わるそうです。

◎痛みがすぐに消えていく人

✓ 楽観的で素直、未来志向の人
✓ 原因を追究して、原因を改善しようとする人
 
△痛みがなかなか消えない人

✓ 悲観的で、ネガティブ思考の人
✓ 病名を追究して、病気のことだけ調べる人

「もう5割楽になった」と考える人のほうが、
「まだ5割も痛い」と考える人より早く、
痛みから解放されます。
 
これには、
ストレスホルモンも関わっていると言われています。
 
不平不満や愚痴を言う人の
治りが遅いと言われているのは、
その人がマイナスな言葉を普段聞いているから。

そして、マイナスの言葉を聞くと
ストレスホルモンが分泌され、
痛みが増幅するからだということが
分かっています。
 
一方で、
日頃から感謝する習慣がある人は、
ありがとうという言葉を耳にします。
 
プラスの言葉を聞くと、
ストレスを抑制するホルモンが分泌され、
痛みの緩和に繋がるそうです。
 
言葉で痛みが変わるって
不思議だと思いませんか。
 

2.痛みを感じる原因は脳にある

 
痛みの中でも、特に原因がないのに
体が痛み続ける「慢性痛」というものがあります。
 
病院で診察を受けても薬を毎日飲んでも
一向に痛みが改善しない。

こんな痛みも、
「脳」に働きかけることで
改善すると言われています。
 
慢性痛の方の多くは、脳の

「側坐核(そくざかく)」
→痛みを和らげる物質を出す仕組みに
 関係している部分

の活動が低下している
ことが分かっているそうです。
 
活動が低下すると、
痛みを和らげる物質が放出されず、
痛みを感じやすくなるそうです。
 

3.痛みが緩和する方法

 
では、一体どうすれば
痛みは緩和するのかというと、
 
先程お伝えした即坐核の
活動を活発にすればいいんです。

即坐核は、
「報酬」と深く関わって
いることが知られています。
 
ですので、
脳が「報酬」と捉えてくれると、
活動が活発になるそうなんです。
 
「報酬」というのは、
日頃のちょっとした「達成感」
のようなものです。
 
ですので、日々何らかの
「達成感」を積み重ねることで
痛みが緩和されるということになります。
 
実際に、医療現場でも、

「趣味や特技、好きなことを行うことで、
小さな達成感を積み重ねましょう。」
 
「痛みがあってもこれだけできたと考えましょう。」

という話がされています。
 
私は事故で骨折したことがあるのですが、
思い返してみると、リハビリの時は、
病院の先生も理学療法士の方も、

「できることを少しずつ増やす」

という話を頻繁にされていました。
 
最初は小さな目標を立てて
それをクリアしていく。
 
痛みと上手く付き合いつつ、
早く痛みが緩和する方法だったのだなと納得でした。
 
また、様々な研究で、
「自発的に運動をする」と
痛みが緩和されると言われています。
 
自発的に運動をすると、
「幸せホルモン」ドーパミンが分泌されて
痛みが減ったように感じます。
 
逆に、「やらされ感」があったり、
必死でやり過ぎると効果がないので、
身体を動かすのが好きで
自発的に運動できる方は試してみてください。
 

4.まとめ

 
いかがですか。
 
今回は、痛みがすぐに治まる人と、
なかなか治まらない人の違い
についてお伝えしてきました。
 
私は決して痛みがなくなればいいと
思っている訳ではありません。
 
痛みがないと自分の身体の異常に
気づけない場合がありますからね。
 
でも、必要以上に痛みを感じる必要はないですし、
何より、快適に明るく日々を過ごしたいと思うと、
心身ともに健康でありたいですよね。
 
そんな気持ちを込めてこの記事を書かせてもらいました。
 
この内容が、何かのお役立ちになれれば嬉しいです。
 
今回はこれで終わりにします。
ではまた。

アカウントを作成 して、もっと沢山の記事を読みませんか?


この記事が気に入ったら れお さんを応援しませんか?
メッセージを添えてチップを送ることができます。


この記事にコメントをしてみませんか?


自分を磨いて職場で輝ける方法を発信|新しい働き方の提案や採用面接・研修講師を担当|面接実績3000人以上|対人印象・考える力・伝える力を伸ばしたい方向け|フォローすると、自分磨きの方法と、円滑な仕事の進め方が分かります

おすすめの記事