メイン画像

#12【葛飾北斎】富嶽三十六景「御厩川岸両國橋夕陽見」

#12【葛飾北斎】富嶽三十六景「御厩川岸両國橋夕陽見」


皆様こんにちは!
絵画インストラクターの松本です。

夕日は毎日みても美しいですね。
絶景スポットでなくても、
どんな場所でみても心にしみます。

今回は夕暮れの富士山、
富嶽三十六景12枚目の解説です!


葛飾北斎ってどんな画家?
  • 江戸本所割下水にうまれる(1760-1849)
  • 浮世絵(木版画)の風景画というジャンルを築く
  • 画狂老人と呼ぶほど絵に人生を捧げる
  • 引っ越し93回!
  • 金銭管理が下手で画料はほぼ借金返済に
浮世絵「富嶽三十六景」って?
  • 全46枚!
  • 当初は36枚の予定が人気が出たため10枚追加された
  • 富士山を色々な場所から描く
  • 鮮やかな青「ベロ藍」プルシアンブルーの使用
  • 西欧諸国でジャポニスム(日本趣味)の要因となる

富嶽三十六景「御厩川岸両國橋夕陽見」おんまやがしより りょうごくばしゆうひみ


御厩川岸両國橋夕陽見

隅田川の夕日。
薄い朱色が刻々と変わる空の色を
表現しています。

隅田川には多くの渡し舟があり、
「隅田川の渡し」と総称されていました。
そのひとつ、御厩河岸の渡し場の光景です。

渡し舟からみた両国橋と富士山と夕日。
シルエットが魅力的ですね!

富士山
青が綺麗です。
富士山

両国橋
逆光でこちらもシルエット。
隅田川に浮かぶ多くの渡し舟も見えます。
両国橋

渡し舟の船頭
安全運転でお願いします。
船頭

帰路につく客
手前の方は手ぬぐいを濡らしてます。
人


藍の線で表現。
おおきなうねりが動的で引き込まれます。
波

夕方の通勤電車で夕日をながめる方はほぼいません。
それと同じように、船で帰路につく人々も
美しい夕日に気付いていないかのようです。

絵の鑑賞者は時をとめて
じっくりと夕日を堪能することができます。

御厩川岸は現在の厩橋が架かるあたり


厩橋(うまやばし)
東京都台東区蔵前2丁目(西岸)
~墨田区本所1丁目(東岸)。
厩橋

隅田川にかかる橋です。
厩橋

橋名は御厩河岸にちなみます。

厩橋の歴史
1690年(江戸時代)渡し舟「御厩の渡し」
    渡し舟8の記録が残る
1874年(明治7)木橋が架けられる
1893年 鉄橋に架け替えられる
1923年 関東大震災で被災
1929年 現在のアーチ橋が架けられる

厩橋が架けられる前は
北斎の絵にあるように
渡し舟が活躍したのですね。

両国橋の歴史


両国橋
(りょうこくばし)
東京都中央区東日本橋2丁目(西岸)
墨田区両国1丁目(東岸)
両国橋

両国橋の歴史
1659年 創架(1661年説もあり)
    当時は大橋と呼ばれる
武蔵国と下総国にまたがっていたため両国橋とも呼ばれる
1693年 「新大橋」架橋
-----
この間、破損により何度も架け替えが行われる
-----
1875年 最後の木橋が架けられる
1901年 鉄橋が架けられる
1932年 現在の橋が架けられる

現在の写真と北斎の絵が
たまたま同じ夕暮れ時です。

今はビル群があり富士山は見えませんが、
同じ両国橋が架かっていると思うと
歴史を感じ感慨深いです。

今回の解説で
隅田川にかかる橋を
二つも覚えてしまいましたよ!
(^^♪

両国橋と船の弧を魅力的にみせる 北斎の構図


絵を単純な図形にしてみると
面白いことが発見できます。

渡し舟をA、
両国橋をB、とします。

構図

Aを180°回転させるとBになります。
点対称な図形です。

北斎の遊びだと思うのですが、
対称の中心が
船頭さんの頭という・・・。
Σ(゚Д゚)

画面に弧の大きな流れがあるので
魅力的に引き込まれる絵になっているのですね。

私が絵の構図を考えるときは
使うのは直線と丸ぐらいです。

北斎は三角形、点対称な図形、渦など
引き出しが多く勉強になります。

師匠の手元を凝視するような想いで
想像し学んでおります。
(^^)v

以上「御厩川岸両國橋夕陽見」でした。
次回「富嶽三十六景 隅田川関屋里」(すみだがわ せきやのさと)の解説です。
お楽しみに!!


アカウントを作成 して、もっと沢山の記事を読みませんか?


この記事が気に入ったら 絵画インストラクター松本 さんを応援しませんか?
メッセージを添えてサポートする事ができます。


この記事にコメントをしてみませんか?


絵画インストラクターの松本です。大人がゆったり楽しめる美術系のお話をお届けします。どうぞよろしくお願いいたします。

おすすめの記事